投稿

11月, 2020の投稿を表示しています

2本の短期移動平均線を使ったトレード方法

イメージ
 5と15に設定した2本の移動平均線を使ったトレード方法です。(10分の動画です。)

金のETF:注目の2本の長期移動平均線

イメージ
 低迷が続く金のETFですが、投資家たちは200日と250日移動平均線に注目しています。18分の動画です。

2本のRSIを使った押し目買い、戻り売りの方法

イメージ
 2本のRSIを組み合わせることで、押し目買い、戻り売りのタイミングを把握することができます。10分の動画です。

ビットコインは絶好調:ヒマRSIの紹介

イメージ
 JPモルガンから、ビットコイン14万ドルという大きな目標価格が発表され、ビットコインがますます注目されています。14分の動画です。

米国株式市場:少し気になる残りの弾薬

イメージ
長期トレンドを把握する一方法として、トレーダーたちは200日移動平均線を使っています。株価は、この移動平均線よりも上にあるのか、それとも下にあるのか、移動平均線は上昇しているのか、それとも下降しているのか、といったことを確認することでトレンドを判断します。 更に、200日移動平均線は、このようにも利用されています。 S&P500指数を構成する銘柄の何%が200日移動平均線より現在上にあるだろうか?

順調に進むコロナワクチン開発:金投資はもはや不要??

イメージ
 モデルナの新型コロナワクチン、感染予防に高い効果-暫定結果:バイオテクノロジー企業の米モデルナは16日、新型コロナウイルスのワクチンが大規模な第3相臨床試験で94.5%の確率で効果を示したとの暫定分析結果を発表した。パンデミック(世界的大流行)を抑え込むのに役立つ強力なツールの開発を急ぐ科学者と製薬会社の取り組みが、実を結びつつある。( ブルームバーグ ) このニュースで経済回復期待が高まり、月曜のニューヨーク株式市場では石油、アルミニウム、石炭、百貨店、そして航空会社やクルーズ会社の株が目立った上昇となりました。

NR10を形成したダウ6銘柄

イメージ
 NR10はNR7と同様に多くのトレーダーが注目するパターンです。NR7、NR10の翌日は大きな値動きとなる傾向があります。8分の動画です。

大統領選挙後の資金の動き

イメージ
 米国で大統領選挙があったのは11月3日、そして下の表が示しているのは、11月5日から11月11日の間に資金が最も流入した10のETFです(単位は100万ドル、ネットフロー)。 データ:etf.com

3つの指標に注目:トリプルプレイ第2弾

イメージ
三つのインジケーターを使ってトレードする「トリプルプレイ」の第2弾です。約15分の動画です。

ベテラン・アナリスト、マーフィー氏からのメッセージ

イメージ
 ベテラン・テクニカル・アナリスト、 ジョン・マーフィー氏のブログ のテーマはドル安と振興市場国です。先ず指摘されているのは、このチャートです。

穀物ETFの出来高が急増

イメージ
 大豆、小麦、トウモロコシのETFの最近の出来高が異常に増え、買い圧力の増大が示されています。5分の動画です。

固定VWAPにも注目してみましょう

イメージ
 レジスタンスやサポートを確認するために、トレンドラインや移動平均線だけでなく、固定VWAPも時々見てみることを勧めます。約15分の動画です。

大麻のETFに形成された50/200移動平均線チャネル

イメージ
 明日に大統領選挙を控え、もしバイデン氏が当選なら大麻業界に好影響ということで、大麻のETFが7.05%の大幅上昇となっています。