投稿

8月, 2020の投稿を表示しています

8月の相場を振り返り:ナスダック100指数の運命を握るのはテスラ!?

イメージ
8月のマーケットが終わり、今年のマーケットはあと4ヶ月を残すのみとなりました。8月の結果です。・ダウ平均:+7.54%・S&P500指数:+6.98%・ナスダック100指数:+10.94%・ラッセル2000指数(小型株指数):+5.48%下は、最も成績が良かったナスダック100指数の月足チャートです。

重なる4つの注目レベルをテストするビットコインの投資信託

イメージ
ビットコインの投資信託は、注目の4つのレベルをテスト中です。約15分の動画です。

木材価格は、米国の強い経済回復を予測している!?

イメージ
木材価格が異常な上げ方をしています。(チャート:ゼロヘッジから)

コロナウイルス危機という状況で、過去5ヶ月で木材価格は240%の急騰です。なぜ、こうも派手に上昇したのでしょうか?

マーケットの魔術師からのアドバイス

イメージ
著名トレーダー、リンダ・ラシュキ氏が興味深い指標のツイートしていたので、そのことについて話したいと思います。15分の動画です。
動画で使用のチャート(無料)を試されたい方は、ここからアクセスしてください。

コロナウイルス危機:人々のお金の使い方はどう変わった?

イメージ
コロナウイルスが問題になってから5ヶ月が経過しましたが、この5ヶ月間で、人々のお金の使い方はどのように変化したでしょうか?コロナウイルスの初期段階では、恐怖と不安に襲われた米国の消費者は、2週間の隔離があった場合に備えて、清掃用品、冷凍食品、トイレットペーパーなどの紙製品を買い溜めた。(マーケット・ウォッチ)

S&P500とナスダック100の3つの心配材料

イメージ
S&P500とナスダック100は、揃って新高値を記録しましたが、トレーダーたちはこのようなことを心配しています。15分の動画です。
動画で使用のチャート(無料)はトレーディングビューです。お試しになりたい方は、ここからアクセスしてください。

現代にも役立つ84年前の経済コラム

イメージ
バロンズが創刊されたのは1921年、約100年の歴史を持つ株情報誌の老舗的な存在です。ノベル・インベスターによると、1936年12月から1937年6月にかけて、フレッド・ケリー氏が週刊コラムを担当していました。1937年の暴落は、ケリー氏が執筆を辞めた2ヶ月後に起きた。ケリー氏のコラムは、現代の投資家にもタイムリーなアドバイスを与えてくれる。(ノベル・インベスター)

大した話題にならなかったS&P500指数の高値更新

イメージ
CNBC:S&P500指数は新高値で終了、コロナウイルスによる下げから完全に回復下が日足チャートです。

面白いタイミングで報道されたウォーレン・バフェット氏の金鉱株買い

イメージ
ひじょうに静かな月曜のマーケットでしたが、バフェット氏のおかげで、金鉱株が大暴れとなりました。15分の動画です。
動画で使用のチャート(無料)を試されたい方は、ここからアクセスしてください。

ベテラン為替トレーダーが公表したトレード方法

イメージ
MACDとストキャスティクスを組み合わせた簡単な方法です。11分の動画です。
動画で使用のチャート(無料)はトレーディングビューです。動画で説明した指標を簡単に表示することができます。
・ベテラン・トレーダーが公表した簡単なトレード方法(ブーム・システム

米国株式市場は、いくらなんでも行き過ぎだ!?

イメージ
 SENTIMENTRADERに興味深いチャートが掲載されているので、先ずそれから見てみましょう。

割安なものを探し求める投資家たち

イメージ
S&P500指数は順調に回復し、あともう少しで史上最高値です。割安なものを見つけるのは難しい状況ですが、一部の投資家は、こんなものに注目しています。16分の動画です。
動画で使用のチャート(無料)を試されたい方は、ここをクリックしてアクセスしてください。

固定VWAPの話

イメージ
史上最高値から引いた固定VWAPの話です。ブレイクアウトのタイミングを計るのに役立ちます。約15分の動画です。
動画で使用のチャート(無料)に興味のある方は、ここからアクセスしてください。

コダックにデッド・キャット・バウンスの可能性??

イメージ
60ドルだった株価が10ドル台まで下げてしまったイーストマン・コダックですが、まだデッド・キャット・バウンスの可能性が残っています。10分の動画です。
動画で使用のチャート(無料)を試されたい方は、ここをクリックしてアクセスしてください。
・ベテラン・トレーダーが公表した簡単なトレード方法(ブーム・システム

気になるトランプ大統領の言葉

イメージ
トランプ大統領が先週語ったことで、ひとつ気になることがあります。

アップルはいくらなんでも行き過ぎ!?:バンドウォークの話

イメージ
極めて強い値動き、極めて弱い値動きは、バンドウォークという形で現れます。言い換えると、ボリンジャーバンドを見ることで、強い値動きに乗ることが可能となります。約15分の動画です。
動画で使用のチャート(無料)は、いつものようにトレーディングビューです。試されたい方は、ここからアクセスしてください。

大きな値動きに準備、航空株指数にバンド・スクイーズ

イメージ
水曜の通常取引で、デルタ航空は3.12%の上昇、そして時間外取引では更に2.91%の上昇となっています。デルタ航空は航空会社の中で時価総額(164億ドル)が最も大きく、下が日足チャートです。

ブーム・システムで見るウランのETF

イメージ
好調な金と銀の報道が多い今日この頃ですが、ウランのETFも頑張っています。14分の動画です。

・動画で使用のチャート(無料)を試されたい方は、ここをクリックしてアクセスしてください。
・この動画も参照ください。ベテラン・トレーダーが公表した簡単なトレード方法(ブーム・システム)


乱高下のイーストマン・コダック、ひょっとするとエッフェル塔が出来上がる?

イメージ
イーストマン・コダックは、エッフェル塔パターンかもしれない、という見方が出ています。先ず、エッフェル塔パターンの復習です。

2007年から2010年にかけての原油価格の動きです。大きな上昇の後、全上げ幅を失う強烈な下げが展開されエッフェル塔パターンが形成されました。

ドルの反発ラリーに要注意

イメージ
ドルの弱さが話題になっています。