失業者の増加、記録的に増えた株の新人トレーダー

下記は、ブレット・スティーンバーガー氏のブログからです。


記録的な数の新人トレーダーが、米国とアジアの証券会社でトレード用の口座を最近開設しているということを聞いた。理由は、コロナウイルスで失業または一時解雇となり、自宅からできるトレードが、とても魅力的に感じられるからだ。更に、トレード手数料ゼロ、あるいはゼロに近い金額になっていることも新人トレーダー数の増加原因になっている。

しかし問題なのは、新人トレーダーたちは、マーケットのことを十分に勉強しないで早速トレードを始めていることだ。彼らは、プロトレーダーを自称する人たちの広告に引き込まれ、全く有利性の無いチャートパターンをいくつか学んでトレードを始める。

もちろん、こんなやり方で良い成績を上げることなど無理だ。損を重ねた新人トレーダーは、心理面の弱さを感じトレード心理学に答えを求めることになるが、期待していたような回答を得ることはできない。重要なことは、ゲームをマスターするには、先ずゲームを学び身に付ける必要がある。言い換えると、あなたがミュージシャンでも、いきなり最初からカーネギー・ホールで演奏することはできない。スポーツを始めたからといって、誰でもオリンピックに直ぐに参加できるわけではない。

トレードの世界では、長年の経験を持つプロたちが競争相手になる。そして、大手金融機関が入念に築き上げたアルゴリズムが敵だ。トレードをするということは、正に大リーグで勝負するのと同じだ。

新人トレーダーへのアドバイスをしよう。トレードは難しくない、トレードで大きく儲けるのは簡単だという宣伝は虚偽的であり、そんなうまい話は無い。プロを自称する業者たちは夢を売っているのであり、本物の知識や助言ではない。新人トレーダーたちは、トレード成功には近道があると誤解している。PGAでプレイできるプロ・ゴルファーになるには、何年の練習と努力が必要かを考えてみてほしい。

(情報源:The Biggest Mistake New Traders Will Make

コメント