興味深いレベルに達した油田・ガス田掘削業者の株

先週のマーケットを振り返ると、特に強かったのは、油田、ガス田を掘削する企業で構成されているオイル&ガス・ドリリング株指数です。下が日足チャート、過去1年間の様子です。(先週のS&P500指数は0.16%の下げ、オイル&ガス・ドリリング株指数は6.28%の上昇でした。)

気が付くことを3つだけ記します。
  • 最近は、上昇する10日移動平均線(緑)がサポートになっている。
  • 多くの人たちが注目している200日移動平均線(1)が迫っている。
  • アキュムレーション・ディストリビューション(2)は移動平均線より上になり、買い手が積極的になっている。(アキュムレーション・ディストリビューションの説明動画へは、ここからアクセスしてください。)
下は、この業界で時価総額が最大のヘルマリック・アンド・ペインの日足チャートです。


1で分かるように、株価は200日移動平均線に挑戦中です。陰線が2日連続で形成され、今のところ、この移動平均線の突破に難航といった状態です。しかし、アキュムレーション・ディストリビューション(2)が示しているように、以前のような、売り手の一方的な強さは無くなり、最近は上昇する10日移動平均線(3)がサポートになっています。時価総額最大のヘルマリック・アンド・ペインが200日移動平均線を突破となると、当然の結果として指数にも好影響となりますから、今週の動きが注目されます。

ヘルマリック・アンド・ペイン株に対するアナリストの意見は中立です。

証券会社のアナリストではなく、独立系の株リサーチ会社のアナリストの意見を総合すると、現在の数値はニュートラルを示す4.5です。現在の株価は10日と200日移動平均線に挟まれ、トレーダーたちは動き難い状態ですから、チャート的にもニュートラルといった状態です。

コメント