あなたのトレードが映画化されたら、あなたはその映画を観ますか?

トレーダーのコーチとして有名なブレット・スティーンバーガー氏から質問です。
あなたの人生をテーマにした映画が上映されたら、あなたは、それを観に行きますか?
この質問は、こう言い換えることもできます。
あなたのトレードが映画化されたら、あなたは、その映画を観に行きますか?
スティーンバーガー氏
観ることのできるのは自分だけという条件付きなら、その映画を観たいと思う人は多いのではないでしょうか。なぜなら、そのような映画は、トレードを改善できる可能性があるからです。

スティーンバーガー氏は、救ったネコの話をしています。狭いアパートに住んでいたネコを、スティーンバーガー氏は引き取りました。氏の家に来てからも、ネコの行動は大して変わらないのですが、ネコは人から愛されるかわいいネコになりました。

狭いアパートに住んでいる頃は、室内を駆け回り、とても騒々しいネコでした。電気製品のコードを噛み、家具を爪で引っ掻き、置き物をひっくり返す毎日ですから、こんなネコが愛される訳がありません。

上記したように、スティーンバーガー氏に引き取られてからも、このネコの行動に大きな変化はありません。しかし、狭いアパートから広々とした家に環境が変わりました。相変わらず家の中を走り回るネコですが、家具や置き物を壊すことは無くなりました。そればかりではなく、氏の家にいる3匹のネコとも仲良しになりました。

このネコの映画を作ったとしましょう。前半はアパート暮らし、後半は引き取られてからの生活です。多くの人は、「映画の要旨は、環境の重要性だ」と言うことでしょう。

スティーンバーガー氏は、トレードとトレード環境の重要性を指摘しています。
トレードは満足感の高い仕事だが、社交性を大きく欠く仕事だ。あるトレーダーにとって、トレード環境は知的な刺激に乏しい場だ。あなた方トレーダーは、私が引き取る前のネコと同様に、不適切な環境でもがいていないだろうか?
好きな仕事なのですが、上司とうまくいかないために、仕事が嫌いになってしまうという話をよく聞きます。特に、上司が皆から嫌われているような人だったら、その人が部屋に入って来ただけで社員の士気が半減してしまいます。言うまでもなく、そのような職場環境に身を置くことは苦痛です。

トレードは一人でやる仕事ですから、人と話す機会が少なくなってしまいます。会社勤めの人なら、困った時は隣に座っている同僚からアドバイスを直ぐに得ることができます。しかし、自宅でトレードをしている人たちは、簡単に助言を得ることができませんから、ああでもないこうでもないと一人で悩むことになります。言い換えると、トレーダーという孤独な環境が、トレードがなかなか上手く行かない大きな原因の一つになっています。

スティーンバーガー氏は、こう記しています。
トレード環境を改善するだけで、あなたの能力を最大限に引き出すことが可能になるかもしれない。
(情報源:ブレット・スティーンバーガー氏のブログ

コメント