トレードを始めて2年ですが、なかなか上手く行きません。何が悪いのでしょうか?

結論を出す前に書き始めたので、どのような内容になるかは分かりませんが、トレーダーたちの集まるサイトで、このような質問がありました。
トレードを始めて約2年になります。株を毎晩スクリーンして翌日の銘柄を選ぶのですが、思うような良い結果を上げることができません。何が悪いのでしょうか?

質問をした人は、こんな方法で銘柄を選んでいます。
  •  毎日50万株以上の出来高があること。
  • 株価は5ドル以上であること。
  • アップトレンドの株が一時的に下げて、株価は上昇する20日移動平均線、または上昇する10日移動平均線付近にあること。
言い換えると、質問した人は押し目買いが専門のスイングトレーダーです。トレード歴の長いトレーダーが、こんな回答をしました。
あなたは、マーケットの全体的な流れを見ていないと思われます。
マーケットというのは、米国株式市場のバロメーターとして知られているS&P500指数を意味します。
トレード歴2年のトレーダー:Aさん
トレード歴の長いトレーダー:Bさん
Bさん:今日はどんな株を見ているのですか?
Aさん:ペットメド・エクスプレスです。

ペットメド・エクスプレスの日足チャートを見てみましょう。


緑の線は10日、赤が20日移動平均線です。両方とも上昇しています。先ず、矢印で示したA
を見てください。株価は上昇する10日移動平均線をテストしましたが、Aさんが期待するような反発は起きませんでしたから買い出動はしませんでした。株価は上昇する20日移動平均線(B)に現在接近中です。もし、この移動平均線がサポートになり、株価が反発なら買い出動となります。

下はS&P500指数の日足チャートです。


移動平均線はペットメド・エクスプレスと同じ10日と20日移動平均線、AとBも同じ日になります。トレード歴の長いBさんの言いたいことはこれです。
AとBを見てみると、S&P500指数は陽線なのに、ペットメド・エクスプレスの方は陰線となっている。マーケットが上昇した日に下げているということは、ペットメド・エクスプレスはスイングトレーダーたちに注目されていない。特にBの場合、S&P500指数は新高値を記録したにもかかわらず、ペットメド・エクスプレス1.67%も下げている。
実は、Bさん自身も以前はAさんのようなトレードをしていたそうです。Bさんの言葉を借りれば、「株の売買は相場のリズムに合わせる」ことが大切です。

更にBさんは、マーケット全体の流れだけでなく、銘柄の属する業種を見てみることも勧めています。下は、ペットメド・エクスプレスの属する業種、医薬品小売業の日足チャートです。


1で分かるように、金曜は4.34%の大幅上昇となりました。こんな状況にもかかわらずペットメド・エクスプレスは下げてしまったのですから、やはり寂しさを感じます。

コメント