米国経済は最高の状態にある!!

ディズニーランドの入場料金は行く日によって違います。たとえば、今週末の土曜に行く場合はこうなります。

全員が10才以上の場合、家族4人で行くと入場料金の合計は596ドル、円に換算すると約64700円になります。もちろん、その他にも食費、駐車料金などがあり、他州から来る場合はホテル代、飛行機のチケット代などが必要になります。ChampionTraveler.comによると、家族4人がディズニーランドを含める7日間の観光旅行をするには4246ドルから9032ドルの経費が必要です。
米社会保障庁からの発表によると、2018年の米国民の年収中央値は32838ドル5セントだった。言い換えると、中央値は約33000ドルになり、一ヶ月あたりの収入は2750ドルになる。言うまでもなく、たったの2750ドルではミドルクラスの生活をすることは不可能だ。-- マイケル・スナイダー(政治活動家)
繰り返しになりますが、家族4人が1週間のディズニーランドの観光旅行に出かけるには、4246ドルから9032ドルの経費が必要になります。年収の中央値が33000ドルですから、4246ドルは年収の約13%、9032ドルは27%に相当します。

更にスナイダー氏は、米社会保障庁から発表された、これらのデータをあげています。
  • 33%の米国労働者の去年の年収は2万ドル以下だった。
  • 46%の米国労働者の去年の年収は3万ドル以下だった。
  • 58%の米国労働者の去年の年収は4万ドル以下だった。
  • 67%の米国労働者の去年の年収は5万ドル以下だった。
これらの数値が意味することは、約3分の2の米国労働者の税引前の月収は4000ドル以下だ。痛い。
こんな状態では、多くの人たちは家族揃ってディズニーランドへ観光旅行へ行くのは無理です。それどころか、多くの人々は、毎月の生活費をまかなうのに苦労しています。「44%の米国消費者は、毎月の生活費をまかなうだけの月収が無い」、とUBSのアナリスト、マシュー・ミシ氏は語っています。これが意味することは、もし米国がリセッション入りとなると、多くの消費者には極めて厳しい生活が待っているということです。

トランプ大統領は、「米国経済は最高の状態にある」と言います。この最高の状態から、ごく平均的な水準に戻ったら、米国市民の生活はどうなってしまうのでしょうか?
真実は、ほとんどの米国世帯の生活は苦しい。しかし、主要マスコミはそんな報道はしない。10万ドル以上の年収があるのは10%の人たちだけだ。しかし、そのような高給な職があるのは、東海岸と西海岸の一部の地域だけだ。-- マイケル・スナイダー
そろそろクリスマスのショッピング・シーズンがやってきます。同僚や親戚、それに家族のために、買いたくもないギフトを多くの人々はクレジットカードを使って買うことでしょう。もちろん、去年買ったギフトの支払いはまだ済んでいません。メリー・クリスマス!やけ酒のシーズンがやって来ます。





コメント