投資家たちから完全に見放されたETFの話

9月11日に、Beyond Investing U.S. Vegan Climate(VEGN)というETFがニューヨーク証券取引所に上場されました。下が日足チャートです。


ETFの名前を、もう一度見てみましょう。
Beyond Investing U.S. Vegan Climate
Beyond Investingというのは、このETFを考案した投資会社です。Veganは菜食主義者、そしてClimateは気候、環境を意味する言葉ですから、多くの人たちは、ビヨンドミートのような菜食主義者向けの人工肉を作っている企業の株、そしてソーラーエネルギー関連の株などが、このETFの投資対象になると思うことでしょう。

今日のコラムで、iBankCoinのDr.Flyは、このETFについて書いています。先ず、コラムのタイトルを見てください。
TOP: New Vegan ETF is Fucking Retarded(トップ:新しい菜食主義者のETFは全く子どもじみている)
もちろん、Fucking Retardedは「完全な白痴」と訳すこともできますが、Dr.FlyはこのETFを痛烈に批判しています。下が、このETFが投資しているトップ10銘柄です。



トップはマイクロソフト、そしてアップル、フェイスブックと続き、クレジットカードでお馴染みのマスターカードとVisaが入っています。Dr.Flyの記事に戻ります。
この馬鹿げたリストを見てみろ。菜食主義者と聞いて、バンク・オブ・アメリカなど全く想像することはできない。気候、環境という言葉を聞いて、あなたはAT&T(通信業)を候補銘柄として考えるだろうか?投資家を惑わすこのETFは訴えられるべきだ。
もちろん、ご本人はニヤニヤしながら記事を書いたと思いますが、たしかに誤解をまねきやすい名前のETFですね。このETFが上場された日の出来高はたったの6万9000株、翌日は6万3200株、そして上場5日目の今日は無惨な1万6000株です。投資家たちから完全に見放されていますね。

(情報源:TOP: New Vegan ETF is Fucking Retarded


コメント