投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

さようならアリババ、さようならバイドゥ、さようなら中国株!?

イメージ
[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米国株式市場は下落して取引を終えた。トランプ政権が米証券取引所に上場する中国株の廃止を検討しているとの報道を受け、米中貿易摩擦が激化するとの懸念が高まった。 ブルームバーグのドーニング氏も、貿易戦争の新戦術として、トランプ政権は中国株の上場廃止を検討している、とツイートしています。

オンライン証券会社:手数料ゼロの時代がやって来た

イメージ
トレーダーには嬉しい「手数料ゼロ」がインタラクティブ・ブローカーズ・グループから発表されました。
インタラクティブ・ブローカーズ・グループ:米国の証券会社の持株会社。子会社を通じて、世界各国100以上のマーケットで、ブローカーディーラー業務および自己勘定取引を行う。機関投資家やプロのトレーダー向けにオンライン上での取引執行と決済サービスを提供。本社はコネティカット州のグリニッチ。(ヤフー・ファイナンス)

平均足と2つの指標を使ったトレード方法 -- その2

イメージ
昨日の動画の続編です。



昨日の動画です:ベテラン・トレーダーが公表した簡単なトレード方法

動画で使用のチャート(無料):トレーディングビュー


ベテラン・トレーダーが公表した簡単なトレード方法(ブーム・システム)

イメージ
とてもシンプルなトレード方法です。12分の動画です。



動画で使用のチャート(無料)へは、ここからアクセスしてください。



(情報源:マナリノさんのツイッター


米国株式市場:ウップス!の買いパターン頻発の月曜

イメージ
弱いスタートを切った月曜のマーケットですが、ダウ30銘柄の半分に「ウップス!」の買いパターンが形成されました。約10分の動画です。



動画で使用のチャート(無料)は、いつものようにトレーディングビューです。

ウップス!の買いパターンについては、4月4日のブログも参照ください。



ビットコイン:下降三角形型は下放れを示唆している!?

イメージ
4日前のブログに、マイク・シェドロック氏(投資アドバイザー)はビットコインのチャートを掲載し、こう書いています。 大きな動きがそろそろ起きる。問題は、どちらの方向に放れるかだ。 下が、シェドロック氏が指摘しているチャートです。

チャートパターン:なべ底と310オシレーター

イメージ
インドの映画会社の株が40%を超える大幅上昇となりました。10分の動画です。



・310オシレーターの説明動画:今は買いが有利、それとも売りが有利:310オシレーターの話

・動画で使用のチャート(無料):トレーディングビュー

(参照した記事:株ちゃお

ガッツ無し、分かっていない、ビジョン無し!:これは誰のこと?

イメージ
予想されていたように、FOMCの終了後、25ベーシスポイントの追加利下げが発表されました。その直後、大統領は不満表明のツイートです。


投資家たちから完全に見放されたETFの話

イメージ
9月11日に、Beyond Investing U.S. Vegan Climate(VEGN)というETFがニューヨーク証券取引所に上場されました。下が日足チャートです。

原油急騰:エネルギー株は50/200移動平均線チャネルの買いパターン

イメージ
昨日に引き続き、トップの話題は原油です。
【ニューヨーク時事】週明け16日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受けて供給懸念が強まり、急騰した。米国産標準油種WTIの10月物の清算値は前週末比8.05ドル(14.7%)高の1バレル=62.90ドルと、中心限月ベースで5月21日以来約4カ月ぶりの高値を付けた。 下は、WTI原油のETFの日足チャートです。

原油チャートにはドラゴンが形成されている?

イメージ
サウジの原油施設が攻撃され、原油が大きな話題になっています。10分の動画です。



動画で使用のチャート(無料)は、いつものようにトレーディングビューです。

ドラゴン・パターンについては、下記の2つも参照ください。

ドラゴン・パターン:チャートパターンの話

5分足チャートに現れたドラゴン



80以上は買われすぎ?20以下は売られすぎ?:ストキャスティクスの話

イメージ
一般的な解釈方法を鵜呑みしてしまうことは危険です。12分の動画です。



MACD BBの説明動画へは、ここからアクセスしてください。

動画で使用のチャートへは(無料)、ここからアクセスしてください。


ニュースに好反応:二番底の話

イメージ
この報道を受けて、大豆のETFが3.15%の大幅上昇となりました。



下が大豆のETFの日足チャートです。

もしリセッションが本当にやって来るのなら、どんな株を買いますか?

イメージ
60%の米国人は、リセッションが間違いなくやって来ると思っています。どんな株が買えるでしょうか?約10分の動画です。



動画で使用のチャートは、いつものようにトレーディングビューです。

情報源:(ゼロヘッジ

A $1,000 emergency would push many Americans into debt

3 Alternative Financing Stocks to Hedge a Recession

January 2019: Household Debt Hits $13.54 Trillion

今年最大の下げとなったダウ銘柄マクドナルド

イメージ
これだと言える悪いニュースは発表されていませんが、火曜の取引で、マクドナルドは今年最大の下げ、3.49%の下落となりました。約10分の動画です。



動画で使用のチャート(無料)は、便利な機能が多数揃ったトレーディングビューです。


株価が大きく下げている、しかしニュースは無い、、、

イメージ
お馴染みのクレジットカード2社が、月曜の取引で大きく下げています。先ず、この業界で時価総額最大のVISAの日足チャートです。

金のファンドへの資金流入額は史上最高

イメージ
ゼロヘッジが、金のファンドへの資金流入額が史上最高に達したことをツイートしています。(チャート:バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ)


トレーディング・レンジを上放れた米国株式市場

イメージ
約1ヶ月にわたる横ばいが続いていましたが、米国株式市場は、とうとう上放れとなりました。10分の動画です。



動画で使用のチャート(無料)はトレーディングビューです。投資心理の判断に役立つ分析機能が付いています。


低迷が続く油田掘削銘柄に現れたダイバージェンス

イメージ
水曜のマーケットが、そろそろ終了します。今日最も上げている業種は、油田とガス田を掘削する企業で構成されている、オイル&ガス・ドリリング株指数です。下が日足チャート、過去12ヶ月間の様子です。

こんな状態では、投資家が株に消極的になるのは当たり前!?

イメージ
9月のマーケットが始まりました。「景気後退」という言葉が最近よく聞かれるようになり、普段は強気な人たちも、株に対する姿勢が慎重になっています。「トランプ大統領の再選を阻止するために、主要メディアは『景気後退』のニュースを意図的に増やしている」と言う意見もありますが、マイケル・スナイダー氏(政治活動家)は、実例としてこれらの心配材料をあげています。