トレードで自信を取り戻すためにするべき3つのこと

負けが続くと、私たちトレーダーは自信を失ってしまいます。自信が無い時は、びくびくとしたトレードになってしまいますから、満足な利益を上げることができません。


怖じ気付いた状態でトレードをすると、直ぐに損切ってしまいますから、迅速な損切りができるかもしれません。しかし、早すぎる損切りの直後に株価は反転することが多いですから、儲ける機会を逸したことを悔やむことになります。

言うまでもなく、私たちはできるだけ早く自信を取り戻す必要がある訳ですが、どうやったらそれが可能になるでしょうか?トレーダー・コーチとして有名なブレット・スティーンバーガー氏は、次の三つをあげています。

  1. トレードの調整
  2. 体の調整
  3. 態度の調整
トレードの調整はこのようなことを意味します。
基本的に言えることは、保有期間を長くすることは利益の増大に結びつく。言い換えると、多すぎる株数を長期保有することは心理的負担になるから、株数を適切な量に決定する必要がある。次に大事なことは、先ず少なめの株数を買うこと、そして思惑どおりに株価が動いたら買い足すこと。更に、トレードが上手く行かない可能性があることを頭に入れておくこと。損切りは失敗ではなく、トレード・アイデアを見直す良い機会だ。
「体の調整」というのはイメージトレーニングです。先ず、深呼吸をして体をリラックスさせます。次に、トレードで恐れている事、たとえば思惑が外れて損切ることになってしまう状況をイメージします。あなたは、損切りにどのように対応しますか?どのような言葉を発しますか?このようなイメージトレーニングをすることで、実際に損が出た時、過剰反応することが無くなります。

スティーンバーガー氏は、態度の調整をこう説明しています。
負けトレードは偉大な学びの機会を与えてくれる。具体的に言えば、私たちはトレードのアイデアを、もっと向上させる必要がある筈だ。トレードする株数、トレードの管理は適切だっただろうか?私たちの生活スタイルを変える必要はないだろうか?負けたトレードを分析して、トレードを向上させることができるのなら、トレードで損を出すことに怖気づかなくなる。負けトレードは師であり、負けトレードを受け入れることができるようになれば、私たちはトレードでの損に過剰反応することは無くなる。
トレードで損が続いている場合、二つの事を考えてみることをスティーンバーガー氏は勧めています。
  • 間違った場所でトレード機会を探していないだろうか?
  • あなたは本当に専業トレーダーになりたいのだろうか?
どんなに掘っても、最初から石油が無いのなら、石油を掘り当てることはできません。トレードも同じです。あなたがトレードしている銘柄は、現在注目されているセクターでしょうか?成功しているトレーダーたちは、現在どんなものをトレードしているでしょうか?

スティーンバーガー氏は、大学で教えていた心理学者です。フルタイムのトレーダーに転身したスティーンバーガー氏は、トレードよりも、他のトレーダーたちを助けることに喜びを感じていることに気がつきました。やはりスティーンバーガー氏は心理学者だったのです。トレードはパートタイムにして、トレーダー・コーチとしての氏の人生が始まりました。



(参照した記事:How To Overcome Fear Of Failure

コメント

匿名 さんのコメント…
はじめまして。いつも拝見しております。とても素晴らしい内容だなと思い、コメントしました。鎌田さんの記事はいつも多彩な視点から、いろんな気付きを教えてもらい、毎日見るのが楽しみです。これからもツイッターのユーモアに溢れたツイートと共に、ブログも楽しみにおります。
T.Kamada さんの投稿…
匿名 さん

コメント有難うございます。
その日の思いつきで書いているブログなので、内容にまとまりがありませんが、これからも
よろしくお願いします。