株投資に使えるニュースなど無い!?

7月5日、ジョシュア・ブラウン氏は「Civilians」という題名でブログを書いています。Civiliansは、軍人ではない一般市民のことですが、このブログではこういう意味で使われています。
Civilians:証券業界に属さない一般の投資家たち
ジョシュア・ブラウン氏はニューヨークでファイナンシャル・アドバイザーとして働き、氏のツイッターには100万人を超えるフォロワーがいます。

更にブラウン氏は、CNBCにもよく出演するので、米国の投資家にはお馴染みの顔です。今回のブログで氏が指摘していることは、投資家たちは、ニュースの利用方法を間違っているということです。

ご存知のように、フェイスブックの個人情報管理がずさんであることが報道されました。このニュースを聞いた投資家たちは、ブラウン氏にこんなことを言います。
フェイスブックが大変なことになっているので、持っているフェイスブック株を全て売却しました。フェイスブックには罰金が科されるだけでなく、政府当局から規制などの圧力がかかることでしょう。
ブラウン氏は、こう返答しています。
毎週のようにフェイスブックに関する悪いニュースが報道されています。しかし、フェイスブック株は今年50%も上昇しています。ウォール街のプロたちは、あなたの知る情報を既に知っていると思いませんか?現在のフェイスブックの株価は、悪いニュースを既に消化済みだと思いませんか?それとも、あなたには、まだ誰も知らない新情報があるのですか?
ブラウン氏が一番言いたいことは最後に書かれています。
株式市場にとって、数時間前に報道されたことは、既に過去のものとなっている。あなたは投資に使えるニュースなど持っていない。あなたの知ることは、友人たちの集まるバーベキューパーティーで良い話題になる程度だ。
わざわざ報道されるくらいだから、これは重要な情報にちがいない、と私たちは思ってしまいます。しかし、誰も知らないことが報道されることはありません。株の場合で言えば、内部関係者より先に情報を入手できる人はいませんから、テレビで取り上げられる時点では既に多くのマーケット関係者たちが知っています。

ブラウン氏がもう一つ指摘していることは、私たちは最新のニュースを最も重要視する癖があります。極端な言い方をすれば、私たちは過去のニュースを全て忘れ、最新の情報だけで投資判断をしているのです。全ての情報を入手するのは不可能ですが、私たちは株に投資する場合、情報の総合的な分析を忘れています。

(情報源:ジョシュア・ブラウン氏のブログ

コメント