株の本は読んだ、セミナーも受講した、しかしなかなか儲からない!

トレードの本を読み、そしてセミナーも受講して、いよいよ本番トレードの準備ができました。しかし実際にトレードを始めると、思っていたような良い成績を上げることができません。


「質問があったら遠慮なくメールしてください」という株セミナー講師の言葉を思い出し、早速メールをすると、こんな返事が来ました。
セミナーで教えたトレードルールに完全に従っていますか?トレードを復習できるように日誌をつけていますか?トレードの習得には時間がかかります。忍耐強くトレードの勉強を続けてください。
ふざけた返事だ!高い受講料を払ったのに、役に立たないトレード方法に時間を無駄にしてしまった!

皆さんの中にも、似た経験を持つ人がいると思います。著名トレーダーが書いた本を何冊も読み、セミナーを受講したにもかかわらず、なぜ思ったような良いトレード成績を上げることができないのでしょうか?

車の運転と同様にトレードも技術です。良い運転環境とは、どんなものでしょうか?

  • 見通しの良い広い道
  • 明るい昼間の運転
  • 好天候
どんなに長い運転経験がある人でも、吹雪の中、それも夜の狭い山道だったら事故を起こす可能性が高くなります。株のトレードが上手く行かない、と嘆く人たちと話をして気が付くことは、あまりにも難しい株で儲けようとしていることです。下のチャートを見てください。


オービッド・セラピューティクスの日足チャートです。今日の上げ幅は23.78%、正に巨大な上昇率です。「ブレイクアウトだ!安値圏から脱出、いよいよアップトレンドが始まる!」と判断するなら買いですが、長期的なダウントレンドを考えると、これは買い手にとって良い環境にある株ではありません。言い換えると、多くの人たちは短期的に大きな利益を上げることに夢中になって、素性の怪しい投機性の高い株に手を出してしまうのです。

これと正反対なのはマクドナルドです。


誰が見ても明確なアップトレンド、高値を更新しています。「このようなトレンドが確りした株をやった方が良いですよ」と言うと、いつも同じ答えが返って来ます。
たしかに確りしたアップトレンドですが、マクドナルドのような退屈な株はやりたくありません。

コメント