ウーバーからお客様へ

配車サービス企業ウーバーがニューヨーク証券取引所に上場されたのは5月10日でした。IPO価格は45ドル、初値は42ドル、そして現在39ドル51セントで取引されています。


上場されて以来、IPO価格を超えたことはまだありませんから、正にガッカリな展開です。
ウーバーから新規則が今朝発表されました。この規則が実施されるのは米国とカナダになり、規則を守ることができない乗客はウーバーを利用できなくなります。下は、ゼロヘッジの見出しです。
Uber To Ban Low-Rated Passengers
直訳すると、「ウーバーは評価の低い客を追放」になります。
平均を大きく下回る評価を受けた客は、ウーバーを利用できなくなる可能性がある。低い評価を受けた乗客には、ウーバーから評価を改善するための具体的な方法が送付される。
「車の中を汚す」、「制限速度を超えるスピードで運転することを要求する」などといったことが評価を落とす原因になり、このようなことを繰り返した人は乗車を拒否されます。
尊敬は一方通行ではなく相互協力が必要です。当社の運転手も、運転手としての仕事を続けるために最低限必要な評価点があります。新規則の導入で影響を受ける乗客は、極めて少ない数でしょう。しかし、この規則の導入は適切な措置です。(ウーバー)
ウーバーの新規則記事を読んだ人たちの一部は、この報道を思い出しています。
China banned millions of people with poor social credit from transportation in 2018
中国では、評価の低い人たちは飛行機や列車に乗ることができない、という内容のニュースです。横断歩道の無いところで道を横切った、他人の予約した席に座ったなどといった行為が減点につながり、この結果中国では2018年、2300万人が列車や飛行機のチケットの購入を拒否されました。

ウーバーの新規則は完全に間違っているとは思いません。他の業界でも、たとえばレストランで暴れる客は当然の結果として店から追い出されます。店員の態度も重要ですが、客もエチケットを守る必要があります。

疑問に思ったことはこれです。「こんな新規則を実施するということは、ウーバーの利用客はマナーの悪い人が目立って多いのでしょうか?それとも、これは現在の社会を反映して、常識を欠く人が増えているということなのでしょうか?」


(参照した記事:Uber To Ban Low-Rated Passengers

China banned millions of people with poor social credit from transportation in 2018

コメント