投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

金曜の米国株式市場を見て改めて気がつくこと

イメージ
先週金曜の米国株式市場は、主要3指数揃って上昇となり、特にダウは1.74%の大幅上昇となりました。


正に好調なマーケット展開だったのですが、一部の人たちは、こんなことを指摘しています。

株トレーダー:様々なところで利用されているフィボナッチ

イメージ
トレーダーたちは、MACD、ボリンジャーバンドなどの人気指標にフィボナッチを役立てています。9分ほどの動画です。



動画で使用のチャート(無料)はトレーディングビューです


季節的に注目のガソリン、原油も注目

イメージ
ガソリンのETFは、買いパターンであるヘッド・アンド・ショルダー・ボトム(逆三尊)を形成しているように見えます。下が日足チャートです。

相場の地合、雰囲気をどうやってつかむのか?

イメージ
S&P500指数をトレードしている人にはお馴染みの指数、累計出来高指数(CVI)の話です。10分ほどの動画です。



動画で使用のチャートは、いつものようにトレーディングビュー(無料)です。


オン・バランス・ボリュームに関する昨日のブログには、ここからアクセスしてください。

売りが有利、それとも買いが有利?オン・バランス・ボリュームの話

イメージ
需給関係を把握するためにオン・バランス・ボリュームが役立ちます。動画で使用のチャートはトレーディングビュー(無料)です。




(岡三オンライン証券:オン・バランス・ボリューム

40週移動平均線の突破に難航する米国株式市場

イメージ
クリス・キンブル氏(Kimble Charting Solutions)は、ナスダック100指数の「ヘッド・アンド・ショルダー(三尊)」の可能性をツイートしています。(チャート(週足)はナスダック100指数のETF)


大手銀行ウェルズ・ファーゴ株の売り手を助けた二つのニュース

イメージ
オンライン・バンキングができない、ATMが使えないという事態が大手銀行ウェルズ・ファーゴで起き、多くの人たちをイライラさせています。


ウェルズ・ファーゴの総資産は1兆8720億ドル、全米で4番めに大きな銀行です。確かに巨大な銀行ですが、評判は良くありません。

今日も話題の200日移動平均線:グランビルの法則の話

イメージ
今日もS&P500指数は200日移動平均線に挑戦中です。


あまりにも多くの人たちが200日移動平均線を話題にしているので、ウンザリしたジョシュア・ブラウン氏(ファイナンシャル・アドバイザー)は、こんなことを述べています。

米国株式市場:注目のレベルは50

イメージ
S&P500指数は重要な位置に達しています。下が日足チャートです。

先行指標から危険信号、S&P500指数は12月の安値を割る??

イメージ
桓騎さんのツイートです。注目は下線を引いた部分、「バルチック海運指数」です。


低迷するギリシャ株は買い候補??

イメージ
昨日は嫌われるウランに関して書いたので、ウランと同様に嫌われているギリシャ株に関して少し書きたいと思います。ギリシャ株を突然見る気になったのは、この記事が原因です。

嫌われるウランに注目する一部の投資家たち

イメージ
滅多に見ることのない物を見ています。キッカケになったのは、2ヶ月ほど前に読んだウランに関する記事です。ウランと聞くと福島の惨事を思い出してしまい嫌な気分になってしまいますが、一部の投資家は、ウランの上昇相場が始まると結論しています。

原油や天然ガスとは違い、ウランは商品取引所で取引されていないので、買い手と売り手が直接交渉して値段を決めます。下のウラン価格の長期チャートは、カメコ(カナダの大手ウラン生産会社)のサイトに掲載されていたものです。