投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

静かなマーケット:主要株式指数は揃ってNR7、ダウはNR10

イメージ
静かなマーケットです。あと2分ほどで大引け、ダウはマイナス0.25%、S&P500指数はマイナス0.23%、そしてナスダック100指数は0.24%の下げです。更に、今日のおとなしいマーケットを反映して、3指数ともNR7が形成されています。

NR7に関しては何度か書いたことがありますが、下が要点です。
NR7はNarrow Range 7の略になり、過去7日間で最も値幅が狭い日を意味します。

日足と週足、少なくとも二つの時間軸のチャートを見ましょう

イメージ
スナップチャットでお馴染みのソーシャルメディア企業、スナップが最近好調です。


上は日足チャートです。12月21日、4ドル99セントだった株価は、現在約2倍の9ドル87セントで取引されています。こんな状態ですから強気な意見が多く、「目標は35ドルだ」という極めて楽観的なツイートも出ています。

米国株式市場:増え続ける空売りポジション

イメージ
逆指標として有名な個人トレーダーによる空売りポジションが増え続けています。15分ほどの動画です。



動画で使用のチャート(無料)はトレーディングビューです。為替や日本株、仮想通貨市場も見ることができます。


米国株式市場:現れた出合い線

イメージ
さすがに、この位置では積極的に買えません。下は、S&P500指数のETFの日足チャートです。

株価は47%の暴落!直ぐに損切りますか?

イメージ
投資家の悪夢の一つは、保有している株が、ニュースになるほどの大きな下げとなることです。木曜のマーケット終了後、こんなことが起きています。


スタンプス・ドットコム(STMP)という銘柄です。

こんな状況ではベアマーケットは始まらない

イメージ
騰落株線が新高値を記録した。このような状況で、ベアマーケットが始まることは決して無い。 -- ポール・シャッツ(ヘリテージ・キャピタル) 騰落株線:毎日の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数との差をとり、これを累積しグラフ化した指標。

金はアップトレンド、それとも底の形成中?

イメージ
金は10ヶ月ぶりの高値となり、金に関するツイートが目立って増えています。なぜ金が買われているのでしょうか?Kitcoメタルズのグローバル・トレーディング・ディレクター、ピーター・ハグ氏はこう説明しています。
不安な米中貿易交渉の行方、そして米国株式市場は、そろそろ失速するのではないかという恐れが金の買い材料になっていると思われる。 下が金の日足チャートです。

モンタナ州をカナダに売ろう??

イメージ
米国の抱える債務が22兆ドルを超えた、と報道されたのは先週の火曜日でした。
トランプ大統領は、この歴史的な記録を祝うツイートをすることはないだろう。 -- ゼロヘッジ
国家の債務を減らすために、こんな運動をしている人がいます。

金曜の米国株式市場を見て改めて気がつくこと

イメージ
先週金曜の米国株式市場は、主要3指数揃って上昇となり、特にダウは1.74%の大幅上昇となりました。


正に好調なマーケット展開だったのですが、一部の人たちは、こんなことを指摘しています。

株トレーダー:様々なところで利用されているフィボナッチ

イメージ
トレーダーたちは、MACD、ボリンジャーバンドなどの人気指標にフィボナッチを役立てています。9分ほどの動画です。



動画で使用のチャート(無料)はトレーディングビューです


季節的に注目のガソリン、原油も注目

イメージ
ガソリンのETFは、買いパターンであるヘッド・アンド・ショルダー・ボトム(逆三尊)を形成しているように見えます。下が日足チャートです。

相場の地合、雰囲気をどうやってつかむのか?

イメージ
S&P500指数をトレードしている人にはお馴染みの指数、累計出来高指数(CVI)の話です。10分ほどの動画です。



動画で使用のチャートは、いつものようにトレーディングビュー(無料)です。


オン・バランス・ボリュームに関する昨日のブログには、ここからアクセスしてください。

売りが有利、それとも買いが有利?オン・バランス・ボリュームの話

イメージ
需給関係を把握するためにオン・バランス・ボリュームが役立ちます。動画で使用のチャートはトレーディングビュー(無料)です。




(岡三オンライン証券:オン・バランス・ボリューム

40週移動平均線の突破に難航する米国株式市場

イメージ
クリス・キンブル氏(Kimble Charting Solutions)は、ナスダック100指数の「ヘッド・アンド・ショルダー(三尊)」の可能性をツイートしています。(チャート(週足)はナスダック100指数のETF)


大手銀行ウェルズ・ファーゴ株の売り手を助けた二つのニュース

イメージ
オンライン・バンキングができない、ATMが使えないという事態が大手銀行ウェルズ・ファーゴで起き、多くの人たちをイライラさせています。


ウェルズ・ファーゴの総資産は1兆8720億ドル、全米で4番めに大きな銀行です。確かに巨大な銀行ですが、評判は良くありません。

今日も話題の200日移動平均線:グランビルの法則の話

イメージ
今日もS&P500指数は200日移動平均線に挑戦中です。


あまりにも多くの人たちが200日移動平均線を話題にしているので、ウンザリしたジョシュア・ブラウン氏(ファイナンシャル・アドバイザー)は、こんなことを述べています。

米国株式市場:注目のレベルは50

イメージ
S&P500指数は重要な位置に達しています。下が日足チャートです。

先行指標から危険信号、S&P500指数は12月の安値を割る??

イメージ
桓騎さんのツイートです。注目は下線を引いた部分、「バルチック海運指数」です。


低迷するギリシャ株は買い候補??

イメージ
昨日は嫌われるウランに関して書いたので、ウランと同様に嫌われているギリシャ株に関して少し書きたいと思います。ギリシャ株を突然見る気になったのは、この記事が原因です。

嫌われるウランに注目する一部の投資家たち

イメージ
滅多に見ることのない物を見ています。キッカケになったのは、2ヶ月ほど前に読んだウランに関する記事です。ウランと聞くと福島の惨事を思い出してしまい嫌な気分になってしまいますが、一部の投資家は、ウランの上昇相場が始まると結論しています。

原油や天然ガスとは違い、ウランは商品取引所で取引されていないので、買い手と売り手が直接交渉して値段を決めます。下のウラン価格の長期チャートは、カメコ(カナダの大手ウラン生産会社)のサイトに掲載されていたものです。