投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

あなたにとって一番重要な株価は何ですか?

イメージ
トレードを振り返ってください。あなたにとって一番重要な株価は何でしょうか?ほとんどの場合、あなたが株を買った値段です。現在の株価は、買った値段より高いのか、それとも安いのかということが、あなたにとって一番重要なことです。-- ブライアン・シャノン(アルファ・トレンズ)

年末までに640億ドル相当の株を買う必要がある??

イメージ
木曜の米国株式市場は大荒れです。

S&P500指数は、2.8%の下落を帳消しにする2010年以来最大の反発を見せた。(ゼロヘッジ) 下が、S&P500指数の5分足チャートです。

一日遅れて訪れたサンタクロース・ラリー

イメージ
クリスマスの翌日、米国株式市場は強力な反発ラリーの展開となりました。正に、一日遅れてのサンタクロース・ラリーです。


3主要株式指数は揃って大幅上昇となりましたが、特に話題になっているのはダウ平均です。

米国株式市場:資金を避難する良い場所が無い、とにかく売りだ

イメージ
約3週間前、不安定な株式市場への対策として、公益株へ投資することを勧める記事がインベスター・プレースに掲載されました。

惨憺たる株式市場、そんな中で何が買われたのか?

イメージ
マーケットが大きく崩れています。こんな状況で、投資家たちは何を買っているのでしょうか?9分ほどの動画です。

ドル指数:バンド幅が示唆する大きな動き

イメージ
ボリンジャーバンド幅は、大きな動きが起きそうなことを示唆しています。5分ほどの動画です。



チャートはTradingViewです。無料で使用でき、色々な指標が揃っているので便利です。

失望した投資家たち、パウエルFRB議長は経済データに無関心だ!

イメージ
金利引き上げ発表後に行われたパウエルFRB議長の記者会見を見た知人トレーダーが、こんなことを言いました。
議長の言っていることは完全に間違っているとは思わない。上手く言えないが、議長の態度には傲慢さがあり、少し嫌な気分になった。 著名人も含めて、多くの投資家が、パウエル議長の記者会見での発言を非難しています。米国の投資家にはお馴染みのジム・クレーマー氏(CNBC)は、今日の番組でこう述べています。

難しい長期投資:ますます短くなった株の保有期間

イメージ
「目先の値動きに惑わされないで、株は長期的に投資することが大切だ」、という言葉をよく聞きます。「短期投資は間違っている」とも解釈できる言葉ですが、米国の投資家に関する、こういうデータがあります。

重要なレベルをテストする米国株式市場、よりいっそう注目される今週のFOMC

イメージ
今日も冴えない展開となり、月曜の米国株式市場は真っ赤、全面安という惨憺たる状態です。



興味深かったのはCNBCのトップ・ニュースです。

パウエルFRB議長は株式市場の救世主になるチャンスだ??

イメージ
先週金曜のS&P500銘柄の様子です。

異常な安全への逃避が起きている米国株式市場

イメージ
この記録的な資金の流出は、ただごとではない。しかし見方を変えれば、投資家たちの完全な降伏を示している可能性もある。-- トム・ロシーン(リッパー) リッパー社によると、12月5日から12月12日の間に460億ドルが米株のファンドから流出しました。これは史上最高の週間流出額です。更にリッパー社によると、この資金流出で恩恵を最も受けたのはマネー・マーケット・ファンドです。同期間、812億ドルがマネー・マーケット・ファンドに流入しています。

同様なことが今年の2月にも起きています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン暴落:チャート上には警報が出ていた??

イメージ
今日の取引で、ジョンソン・エンド・ジョンソンが10%の大幅下落となることを予測できなかったとしても、チャート上には、いくつかの危険シグナルが現れていました。9分の動画です。



動画で使っているチャートはTradingViewです。無料で使うことができます。


(情報源:J&J shares nosedive on report it knew of asbestos in Baby Powder

米J&J、発がん性物質混入を隠蔽か ロイター報道

精神的に疲れるトレード、ストレスのたまるトレードを減らす方法

イメージ
(下記はスティーブ・バーンズ氏のブログから抜粋したものです。)


・一度のトレードで口座資金の1%以上を失わないように、損切り注文を必ず入れておくこと。

原油はダイヤモンド・パターンだ!?

イメージ
先ず、このツイートから見てください。


迷信的な底打ち論

イメージ
先ず、S&P500指数の月足チャートを見てください。


大底となったのは2009年の3月です。その時の安値は666でした。(正確には666.79。)

どこで損切りするのか、何株買うべきか?ATRの話

イメージ
マーケット環境によって、トレードする株数を調整する必要があります。その判断に役立つのがATRという指標です。10分ほどの動画です。




動画で使用しているチャートはTradingViewです。無料で使うことができます。

ニュースに敏感すぎる投資家たち

イメージ
800ポイントも下げていたダウ平均ですが、結局たったの79ポイントの下げで木曜の取引を終えました。あまりにも強力な反発だったので、トレーダーたちは「スーパーナチュラル・ラリー」と今日の反発を名付け、とにかくあまりにも強い回復ラリーに驚いています。下がダウの5分足チャートです。

不安定なマーケットの原因究明に悪戦苦闘する投資家たち

イメージ
ブッシュ元大統領の葬儀が行われ、水曜の米国株式市場は休みとなりました。この思わぬ休日で、昨日の大幅下落を振り返っている人たちが多いことでしょう。下はダウ平均の日足チャートです。

個別銘柄を選ぶ前にマーケット環境を確認しよう

イメージ
私たちは、「今日は何を買おうかな」と個別銘柄に目が最初に行ってしまいます。しかしその前に、マーケット全体の雰囲気をつかむことが大切です。8分ほどの動画です。

原油反発、注目の季節性

イメージ
原油が大きく動いています。下は、原油のETFの日足チャートです。

皆が注目する二本の移動平均線(副題:テクニカル・トレードのルール10)

イメージ
[ブエノスアイレス 1日 ロイター] - トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は1日、アルゼンチンのブエノスアイレスで会談し、対中追加関税を一時的に見送り、貿易戦争を悪化させないことで合意した。米ホワイトハウスは声明を発表し、2000億ドル相当の中国からの輸入品に対する関税は2019年1月以降も10%で据え置き、25%への引き上げを「現時点で」見送る方針を明らかにした。 ということで、多くの記者たちが使った言葉は「休戦(Truce)」です。