投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

米国株式市場:デッドクロス、それとも上放れ??

イメージ
主要株式指数はW字型、または二番底の形成中だろうか?それが確認されるためにはレジスタンスを突破する必要がある。--- クリス・キンブル(キンブル・チャーティング・ソリューションズ) 下が、キンブル氏が指摘している主要株式指数です。

米国住宅市場はアダムとイブ???

イメージ
先ず、この私のツイートから見てください。

損切りできないのは下げが止まらない株価が原因??

イメージ
株の投資で百戦百勝は不可能ですから、間違ったと気がついたら、さっさと損切ることが大切です。しかし、損切りの重要性が分かっている人でも、こんな罠にはまってしまいます。好例として、ジャレッド・ディラン氏(モールディン・エコノミクス)はGE株をあげています。
ゼネラル・エレクトリック(GE)は、約100年間にわたってダウ平均を構成する有名な銘柄だった。いったい誰が、GEが10ドル未満の株になってしまうことを予想できただろうか? 下は、GEの月足チャートです。

タバコ銘柄に机を叩いての買い推奨

イメージ
机を叩きながら買いを勧めているのですから、アナリストは、この銘柄にかなりの自信を持っている筈です。しかし、株価は反対方向に動いています。下が、買い推奨が出されたタバコ銘柄アルトリア・グループの日足チャートです。

(チャートはTradingViewです。株価をリアルタイムで無料で見ることができます。)

米国株式市場:ほぼ全てのセクターが売られすぎ

イメージ
冴えないマーケットが続いていますが、一時的な反発ラリーに注意です。10分ほどの動画です。



動画で使用しているチャートはTradingViewです。無料で使うことができます。

ブラックフライデー、店内は閑散の百貨店シアーズ

イメージ
昨日はブラックフライデー(黒字の金曜日)、いよいよクリスマスのショッピング・シーズンが始まりました。毎年見る光景ですが、大幅に割引された商品を狙う客たちで店内は大混雑です。


米国株式市場はBCDの形成中??

イメージ
BCDと言われても何のことか分からないと思います。BはBuy(買い)の頭文字、CはCry(泣く)の頭文字、そしてDはDie(死ぬ)の頭文字です。水曜のマーケット・ウォッチには、多くのハイテク銘柄で構成されているナスダック総合指数に、Buy, Cry, and Dieパターンが形成されている可能性があるという記事が掲載されています。下が、それを説明するチャートです。(チャート:マーケット・ウォッチ)

売り?買い?素早く売買姿勢を決めるヒント

イメージ
今は買いが有利でしょうか、それとも売りでしょうか?MACDやRSIなどの広く使われている指標を確認することで、どちらが有利かを素早く判断することができます。10分ほどの動画です。



動画で使用しているチャート(無料)はTradingViewです。

借金だらけの米国消費者、迫るショッピングシーズン

イメージ
木曜は感謝祭、その翌日はブラックフライデーと呼ばれ、クリスマス、年末のショッピングシーズンがいよいよ始まります。

全てが買いパターンに見える!?

イメージ
もちろん、全てが買いということはありえませんが、クリス・キンブル氏(キンブル・チャーティング・ソルーションズ)がツイートした下のチャートを見てください。

損切りの話:素早い損切りは勝者が持つ特質!

イメージ
あなたが犯した最悪なトレードの間違いは何ですか、という質問をすると、多くの人たちがこう答えます。
損切りを直ぐにすることができず、小さな損額で済んだものを多大な額にしてしまい、口座に大きな穴を開ける結果になってしまった。

大幅下落の原油:大統領のツイートも売り材料に

イメージ
話題は何と言っても原油です。

WTI原油は8.14%、そしてブレント原油は7.47%の大幅下落となり、多くのトレーダーたちが「正に血の海だ」というツイートをしています。下は、WTI原油のETFの日足チャートです。

3本の移動平均線で見る米国株式市場

イメージ
強いアップトレンドにある株は、短期、中期、そして長期移動平均線が揃って上昇しています。ローソク足を消して、移動平均線だけで米国株式市場の様子を見てみましょう。先ず、ダウ平均です。

米国株式市場:5分の差が作り上げる微妙な違い

イメージ
一部のトレーダーたちは、60分足チャートではなく65分足チャートを使っています。両者を比較してみました。7分ほどの動画です。



動画で使用しているチャート(無料)はTradingViewです。

儲かるトレード方法はどちら?

イメージ
ニューヨークの株式市場は午前9時半に始まり、午後4時に終わりますが、ここで質問です。
儲かるのはどちらでしょうか? 1.マーケット開始と同時にS&P500指数のETFを買い、マーケット終了時刻に全てを売却する。オーバーナイトのポジションは持たない。 2.マーケットの終了時間にS&P500指数のETFを買い、翌日のマーケット開始時にポジションを処分する。 下が、1993年から現在までの結果です。(データ:Bespokeインベストメント)

値動きの強さを確認してから買う、それとも強くなることを期待して買う??

イメージ
中間選挙が終わり、水曜の米国株式市場は強力なラリーの展開となりました。



これで心配材料は無くなり、マーケットは順調な上昇基調に戻るのでしょうか?テクニカル的には、まだ問題が残っています。米国株式市場のバロメーター、S&P500指数の日足チャートを見てみましょう。

ドル指数:二つの目先の注目点

イメージ
最近気になったは、ドル指数に関するこのツイートです。


大口投機家とコマーシャルズの姿勢が対照的になり、ドル指数は、そろそろ下げに向かう可能性があります。先ず、上のチャートをもう少し詳しく見てみましょう。(チャート:barchart)

一番目のネズミは締め付けられる。二番目のネズミがチーズを得る。-- ジェフ・クーパー

イメージ
ジェフ・クーパー氏の本を初めて読んだ時は興奮しました。「拡大タートル・スープ」、「イグアナ」、「ブーメラン」と様々なチャートパターンが紹介され、早速翌日からそれらのパターンを一生懸命に探しました。

ひょんな事で、クーパー氏に会うこともできました。上司がクーパー氏をオフィスに招き、ごく短時間でしたが話を聞くことができました。おとなしい人で、小さな声で話されたので、何の話だったかは全く憶えていません。

そして今日、ブライアン・シャノン氏(アルファトレンズ)のツイートを通して、ジェフ・クーパー氏が、こんなツイートをしていたことを知りました。

火曜に迫った米国の中間選挙、気になる株式市場の行方

イメージ
上は、S&P500指数の日足チャートです。円で囲いましたが、一段低い高値と安値が形成され、下げ基調が顕著になっています。長期トレンドを把握するために、多くの投資家が参考にしている200日移動平均線を入れてみましょう。

ビットコインとグーグルトレンド

イメージ
人気度や関心度を把握するために、「グーグルトレンド」を利用している人は多いと思います。
Google Trends(グーグルトレンド)は、ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見ることができるツール。公開は2006年5月10日。(ウィキペディアから抜粋) 例として、「ビットコイン」という言葉での検索状況を見てみましょう。