トレードを成功させるために改めたい9つの事

(下は、スティーブ・バーンズ氏のブログから抜粋、要約したものです。)


  • 儲けることだけが頭にあり、どこで損切るかが全く決まっていない状態でトレードしている。
  • マーケットは、あなたの意見に興味は無い。自分の意見に固執していると高い授業料を払うことになる。
  • 多くのトレーダーは、予想をあまりにも重要視している。大切なことは、現在展開されている値動きにどう反応するかということであり、予想に基づいたトレードをすることではない。
  • 順番を間違っている。先ず、トレード方法の本やマーケットに関する本を読んで勉強すること。しかし、多くの人たちは何も勉強しないでトレードをいきなり始めている。
  • 利食いが早すぎる。損切りが遅すぎる。言い換えると、雑草は直ぐに刈り取り、花はつぼみの段階で摘んではいけない。
  • 他人の意見に簡単に説得されてしまう。アナリストの意見、著名人の話を鵜呑みしてしまうのは、あなたには確立したトレード方法が無いからだ。
  • 「相場は相場に聞け」という言葉がある。しかし、多くの人たちは株番組を一日中見ている。そんなことをしていたのでは、最も重要な値動きを観察することができない。
  • 情報集めを適切に行っていない。多くのトレーダーは、自分の意見の正しさを支持する情報だけに注目し、自分の意見に反する情報を無視している。こんな態度が身についてしまうと損切りが出来なくなってしまう。
  • トレードの目標が間違っている。「10万ドルの資金を1年以内に100万ドルに増やそう!」と意気込むは悪くないが、そのような目標を立てると必要以上に大きな株数でトレードをしてしまう。トレードをする前にリスク・リワード比を確かめて、適切な株数でトレードすることが大切だ。


コメント