金相場:17年ぶりの出来事

金の長い低迷が続いていますが、週末のキング・ワールド・ニュースには、金に対するとても強気な記事が掲載されています。キング・ワールド・ニュースは金の応援団のようなサイトなので、金に強気なのは当たり前のことですが、この記事に興味を持った人は少なくないと思われます。


過去17年間で、コマーシャルズの金のネットポジションが初めて買い持ちとなった!

*コマーシャルズは現物業者、当業者、ヘッジャーなどを意味し、「スマートマネー(賢い資金)」として一般的に知られています。

finvizへアクセスして、金の長期チャートを見てみました。


1995年から現在までの様子です。1の赤い線は大口投機筋、そして2の緑の線がコマーシャルズのネットポジション状況を表します。円で囲った部分で分かりますが、キング・ワールド・ニュースが指摘しているように、コマーシャルズのポジションは売り持ちから買い持ちになり、それとは反対に、大口投機筋は買い持ちから売り持ちに転換しています。

下は週足チャートです。

注目は矢印の部分です。この事については以前のブログにも書きましたが、両者が接近した後には金価格の上昇が起きています。今回の場合は単に接近しているのではなく、コマーシャルズと大口投機筋の立場が逆転していますから、金の大幅上昇に期待している人たちが多いと思われます。

金の日足チャートをTradingView(無料)で見てみました。


完璧なダウントレンド、とても買えそうな状態ではありません。ストキャスティクスも下向きですから、ここで積極的な買いを考える人は、ほとんどいないことでしょう。

しかし、こんな希望的観測があります。


金の投資家たちは、二番底が形成されることを切望していることでしょう。


(参照した記事:MAJOR ALERT: First Time In 17 Years Commercials Long Gold, Plus A Silver Shocker!

コメント