トレードで成功するために克服したい5項目

(下はEhelpifyの記事を要約したものです。)


株や為替、先物のトレードで、コンスタントに利益を上げることができるようになるには1年から6年の年月が必要だ、と言われています。言い換えると、1年以内にトレーダーとして独立することは、ほぼ不可能です。トレードで成功するには、なぜそんなに長い月日がかかるのでしょうか?大きな理由が5つあります。
  • トレードをギャンブルと同様に扱っている。「この株は行けそうだ!」といった直感や勘に頼ったトレードが中心になり、トレードの計画が全く無い。
  • トレードの方法が、いつまでたっても確立しない。色々なトレード方法を学ぶことは悪くないが、多くのトレーダーは、あまりにも頻繁にトレード方法を乗り換えすぎている。3ヶ月もトレード方法を勉強すれば、どのやり方が自分の性格に合っているかが分かる筈だ。経験のある方々には分かると思うが、トレード方法の頻繁な乗り換えは損額を大きくするだけだ。
  • トレード日誌をつけていない。トレードを向上させたいのなら、過去のトレード記録が必要だ。日誌には買った株数、売買価格だけを記録するのではなく、自分が何を感じていたかも記しておくことも大切だ。日誌を読み返すことで、自分のトレードパターンが把握でき、トレードを向上させるヒントを得ることができる。
  • 過去の間違いから学んでいない。言うまでもなく、過ちから学ぶにはトレード日誌が役立つが、多くのトレーダーは同じ間違いを繰り返している。トレード計画から脱線してしまう、買う株数が多すぎる、と同じ間違いを繰り返すのは自己管理ができないからだ。規律を持ってトレードに臨むことが重要だ。
  • 責任を負うことができない。アナリストの意見が間違っていた、予期せぬニュースで株価が逆に動いてしまった、と損失の原因をいつも他人のせいにしていないだろうか。自分で責任を負うことができない人は、コンスタントに利益を上げることは不可能だ。
もう一つ頭に入れておきたいたいことは、リスク・リワード比の重要性です。下の表を見てください。(表:Ehelpify)


一番上は、リスクが1、リワードが1のトレードをする場合です。(リスク・リワード比=1対1)手数料は抜きで計算すると、勝率が50%なら損益はゼロ(Breakeven %)ですから、勝率を50%以上にすれば総合損益がプラスになります。2番目はリスクを1、リワードを3に設定した場合のトレードです。勝率が25%以上あれば利益を上げることができます。もちろん、計算どおりにトレードがいつもできることはありませんが、低い勝率でもリスク・リワード比を調整することで総合的な利益を得ることが可能になります。


コメント