二人のトレーダー:誰が誰を儲けさせる?トレーダーの守るべき10のルール

テネシー州に住むスイング・トレーダー、スティーブ・バーンズさんのツイートは、なかなか興味深いものが多いです。今朝は、こんなツイートをしています。


  • 従業員は上司を金持ちにする。
  • 借金をする人は銀行を金持ちにする。
  • 消費者は企業を金持ちにする。
  • 家を借りる人は家主を金持ちにする。
  • ボーナスは企業の経営陣を金持ちにする。
  • 汚職は政治家を金持ちにする。
  • 自社株購入権(ストック・オプション)は、創立当時に入社した社員を金持ちにする。
  • 個人投資家は、自分自身を金持ちにする。
過激なツイートを時々して、読む人を楽しませてくれるのはフライさんです。


フライさんにはファイナンシャル・アドバイザーの経験があり、現在は株トレーダー、そして株サイトiBankCoinを運営しています。先日のブログで、トレーダーが守るべきルールとして、フライさんは議論を引き起こしそうな次の10をあげています。
  • 信用取引はやめる。
  • 攻撃的なオプション取引はしないこと。もっと言えば、オプションの取引はしない方が良い。
  • 先物の取引はしないこと。
  • 資金の15%以上を一つの銘柄に割り当てないこと。
  • 持ち株に利益が出て、その銘柄が口座を占める割合が15%以上になったら、少なくとも一部を売って利食うこと。
  • 噂に乗って買うようなことはしない。
  • 損が出ている株の買い足しは避けること。
  • 8つの主要セクターに分散投資すること。
  • 逆張りはしない。
  • 損切りは早めにすること。10%を超える損を出してはいけない。

コメント