トレーダーが間違いから学ぶこと、10のレッスン

私たちトレーダーは、成功から学ぶより間違いから学ぶ方が多いような気がします。誤ったトレードは口座残高の減少という形で直ぐに表れ、間違いが大きければ大きいほど、自分のバカさ加減を痛感します。


トレーダーたちは、間違いを通してどのような事を学ぶのでしょうか?スイング・トレーダーのスティーブ・バーンズ氏は、次の10項目をあげています。

  • 上げ相場では買いに徹すること。下げ相場では空売りに徹すること。
  • 1回のトレードで、口座資金の1%以上を失ってはいけない。売買する株数を調整し、損切りを厳守すること。
  • その時その時の自分の考えや感情に基づいたトレードをするのではなく、規律のあるトレードをすること。
  • 先ず現在のトレンドを把握すること。買い、売りを決めるのはトレンドを適切に把握してからだ。
  • 分からない時、迷っている時はトレードしてはいけない。
  • 意見を聞くなら、成功しているトレーダーから聞け。
  • 自分の性格に合わないトレード方法では成功できない。
  • 自分のトレードルールに従って出た損なら後悔することは無い。
  • 株価を100%正確に予想することはできない。私たちに出来ることはマーケットの動きに従うことだ。
  • トレードで大きな利益を上げることは可能だ。毎日の宿題を怠るトレーダーは成功できない。

(情報源:My Evolution As A Trader

コメント