金の投資家たちの完全降伏が近い?

金、銀、鉱山セクターは明らかにパニック状態だ。しかし、私たちが現在目撃しているのは、投資家たちの降伏の最終段階だ。(キング・ワールド・ニュース)

投資心理のサイクル:1、楽観、2、興奮、3、スリル、4、陶酔、5、最高の買いチャンスだ!(天井)、6、心配、7、現状の否定、8、恐怖、9、自暴自棄、10、パニック、11、降伏、12、落胆(こんな状況では買えない!(底打ち))、13、鬱的な状態、14、希望、15、安心、16、楽観
そして下は、金のETFの週足チャートです。


こんな下げ方ですから、多くの投資家は、2016年12月の安値(1)、そして2015年12月の安値(2)がテストされることを覚悟していることでしょう。「投資家たちの降伏の最終段階だ」、とキング・ワールド・ニュースは記していますが、このチャートを見る限り、前回2回の安値割れが起きないかぎり、投資家たちは完全に降伏しない可能性もあります。

昨日のブログで紹介した、個別銘柄用のボラティリティ指数(VIX FIX)を上のチャートに入れてみましょう。


矢印で示した部分を見てください。前回と同様に、VIX FIXはパーセンタイルの上限ラインを越え、投資家たちが大きな恐怖心を抱いている様子が表れています。言い換えると、一時的な反発が起きてもおかしくない状態です。

では、どんなタイミングで買ったら良いでしょうか?もちろん100%正確な方法など存在しませんが、一部のトレーダーはストキャスティクスRSIを利用しています。ストキャスティクスRSIを、VIX FIXの下に入れてみましょう。


前回の様子を先ず見てください。ストキャスティクスRSIの20突破が良い買いのタイミングとなっています。次に、現在の状況を見てください。VIX FIXは恐怖を示す高レベルにありますが、ストキャスティクスRSIは相変わらず20未満で推移していますから、現時点ではまだ買い出動することはできません。

ストキャスティクスRSIのパラメーターは、下記のように設定されています。



(情報源:Panic In The Gold & Silver Markets, Stocks, Dollar And The Euro

*使用したチャートはTradingViewです。無料で使うことができます。

コメント