NYダウは更に20%の上昇となる!!しかし、、、、、

著名アナリストが、「ダウ平均は30,000に達する」と強気な発言をしたら、多くの投資家が喜ぶことでしょう。現在のダウは25,190ですから、あと20%ほどの上昇に期待できます。実は、今日そのような意見が発表されました。しかし、それを言ったのは逆指標として有名なデニス・ガートマン氏でした。


ガートマン氏の外れ予想は多々ありますが、特に有名なのはこれです。
私が生きている間に、原油が44ドルに達することはないだろう。-- 2016年1月26日
この発表から約5ヶ月後、原油価格は50ドルを突破し、Benzingaの記者はこう書いています。
ガートマン氏は、今日も命があることを幸運に思うべきだ。
2週間前、ガートマン氏は「米国株式市場はベア・マーケットだ。上昇は空売りの良い機会になる」という見方を述べていました。そんな氏が、今日いきなり強気なダウ3万論を発表したのですから、多くの投資家たちは苦笑するだけでなく米国株式市場の行方が心配になってきました。

ガートマン氏が強気になった理由はこれです。


ダウ平均のチャートには、6ヶ月半に渡って、保ち合いパターンである三角形が形成されている。もしこれが本物の保ち合いパターンであることが証明されるなら、ダウは大幅上昇となり、3万を突破する可能性がある。
更にガートマン氏は、ドイツ株価指数(DAX)と日経225に関しても同様な見方をしています。
保ち合いはNYダウだけでなく世界的な出来事だ。世界の株式市場でブレイクアウトが起きる可能性がある。
なんとなく心配になってきました。世界的な株安がやって来るかもしれません。こんなツイートがあります。


スキュー指数が9ヶ月ぶりの高レベルに急騰した。
スキュー指数には「ブラック・スワン指数」という別名があります。
一般に本指数は、オプション市場で、将来の大きな価格変動に備える取引が増えると上昇する仕組みであり、その特色は、ブラック・スワンの登場を警戒する不安心理の高まりを示します。具体的には、指数値が100の時は分布が平常の状態であり、あまりテール・リスクがないことを意味し、一方で100を超えてくると、下落の場合のテール・リスクが通常以上に大きくなってきていることを意味します。(iFinanceから抜粋)
現在の数値は、100を大きく上回るほぼ150です。


(情報源:Dow 30,000? You Don't Have to Be Crazy to Believe, Gartman Says

コメント