投稿

7月, 2018の投稿を表示しています

米国のトレーダーは、平均足をどのように使っているの?

イメージ
チャートと言えば「ローソク足」が主流です。しかし最近、平均足チャートを使う米国のトレーダーも増えています。どのような使い方をしているのでしょうか?実例を紹介します。10分ほどの動画です。



動画で使っているチャート(無料)へは、下記からアクセスしてください。

TradingView

ファンド・マネージャーから学ぶ大きな勝負に出る重要性

イメージ
10日前、ファンド・マネージャーのダグラス・カス氏は、株の買いポジションの全てを手仕舞うことを発表しました。


この結果、ポートフォリオに残るのは、金の買いポジションとS&P500指数の空売りポジションだけになります。御本人は、こう語っています。

フェイスブック:内部関係者による持ち株売りの90%はCEOマーク・ザッカーバーグ氏

イメージ
水曜の取引終了後、予想を外す決算を発表し、極めて大きな下げとなったフェイスブックの週足チャートです。

トレーダーが持つ脆弱性の克服:精神論のような話

イメージ
ナシーム・ニコラス・タレブ氏(金融デリバティブ専門家)の著書『反脆弱性 -- 不確実な世界を生き延びる唯一の考え方 』を読んで感銘したスティーブ・バーンズ氏は、こんなことを述べています。
この本を読んで、トレーダーがいかにして挫折していくかを深く考えさせられた。 私は、この本を読んだことはありませんが、著書によると、これらの脆弱な考え方や出来事がトレーダーを最終的に挫折させてしまいます。

人気FANG株の一角、フェイスブックが20%を超える厳しい下げ

イメージ
時間外取引で、フェイスブックが20%を超える大幅下落です。
米 フェイスブック が25日発表した4-6月期(第2四半期)決算は、売上高の伸びが市場予想を下回った。利用者情報の不正流用など、過去数カ月に発覚した一連の問題が業績に何らかの影響を与えていることを示唆した。決算の発表を受けて、株価は時間外取引で約23%急落している。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

投資家の犯す7つの大罪とは何か?

イメージ
ランス・ロバーツ氏(Real Investment Advice)が、投資家が犯す7つの大罪について書いているので紹介したいと思います。

どう見ても苦しいアメリカ人の家計

イメージ
質問はこれです。 もしアメリカの経済が本当に順調に成長しているのなら、なぜ今日のアメリカには依然として、3960万人もの人たちがフードスタンプ(食料配給券)を受け取っているのだろうか?(フードスタンプは、正確には補助的栄養支援プログラム(SNAP)と呼ばれ、政府が低所得者のために行っている食料支援プログラムです。)

面白くなってきたプラチナ市場

イメージ
日本経済新聞、ウォール・ストリート・ジャーナルにアクセスする目的は経済ニュースです。ビットコインに興味のある人なら仮想通貨専門サイトにアクセスし、為替トレーダーなら、外為市場に関するニュースが豊富なサイトを頻繁に利用していることでしょう。
キング・ワールド・ニュースは、金、銀などの貴金属に投資をしている人たちが集まるサイトです。「まるで金の応援団のようなサイトだ」という非難の声もありますが、金の投資家たちが、どんなことを考えているかを探るのに役立つサイトです。

トレーダーコーチから:良いトレーダーになるためのヒント

イメージ
どうしたら、もっと良いトレーダーになることができるでしょうか?『トレーダーの精神分析』、『悩めるトレーダーのためのメンタルコーチ術』などの著書で知られるブレット・スティーンバーガー氏は、こんなことを述べています。

大統領の発言に喜んだ一部の金の投資家たち

イメージ
トランプ米大統領は米金融当局による利上げを批判した。大統領は19日、経済専門局CNBCとのインタビューで、金融当局が借り入れコストを引き上げ、経済を減速させている可能性があるとして、「うれしくない」と述べた。(ブルームバーグ)

NYダウは更に20%の上昇となる!!しかし、、、、、

イメージ
著名アナリストが、「ダウ平均は30,000に達する」と強気な発言をしたら、多くの投資家が喜ぶことでしょう。現在のダウは25,190ですから、あと20%ほどの上昇に期待できます。実は、今日そのような意見が発表されました。しかし、それを言ったのは逆指標として有名なデニス・ガートマン氏でした。

移動平均線とオシレーターで判断する投資心理

イメージ
投資心理を把握する方法は色々ありますが、テクニカルツールを利用することでも投資心理を把握することができます。10分ほどの動画です。



動画で使用しているチャートへは下記からアクセスしてください。無料で使うことができます。

TradingView



(情報源:CNNマネー

DailyFX)

著名トレーダーコーチ:面白そうだと思うことに直ぐ飛びつかない。有意義だと思われることを先ず実行

イメージ
トレーダーコーチとして知られるブレット・スティーンバーガー氏が、こんなことを書いています。
「これは面白そうだ」、と思ったことを躊躇することなく、直ぐ実行する生活を頭の中に思い浮かべてほしい。

非常識な人は嫌ですね。。

イメージ
週末、日本は連休ですが、残念ながらアメリカは普通の週末です。数年以上前になりますが、カリフォリニア州で営業する日本の小企業で働く人から、こんな話を聞いたことがあります。

著名トレンド・フォーキャスター:貿易戦争より心配なもの

イメージ
ニューヨーク州生まれのジェラルド・セレンテ氏の肩書はトレンド・フォーキャスター、テレビや新聞にもよく登場する有名人です。


昨日のキング・ワールド・ニュースとのインタビューで、セレンテ氏は、こんなことを語っています。「マスコミは中国とアメリカの貿易戦争のことばかりを取り上げているが、現在のマーケットには3つの大きな心配事がある。」

貿易戦争:期待される方向へ動かないレアアース価格

イメージ
「おかしいな、なぜ動かないのだろう」とトレーダーたちが不思議に思っているのはレアアースです。
トランプ米政権が公表した中国からの輸入品2000億ドル(約22兆2000億円)相当への新たな関税対象リストには、異彩を放つ品目が含まれている。レアアース(希土類)だ。(ブルームバーグ) 報道によると、中国は昨年、世界のレアアースの80%を生産し、レアアースは軍事用のハードウェアやハイブリッド車の製造に欠かせない重要な資源です。

小型株指数:日足と週足チャートに見えるダイバージェンス

イメージ
あと1時間35分ほどで火曜のマーケットが終わります。下は、小型株指数のETF、iShares Russell 2000 Indexの日足チャートです。

ツイッターCEO:窓のテスト中にコメント

イメージ
話題になったのはツイッター株です。
 米紙ワシントン・ポストは6日、短文投稿サイトを運営する米ツイッター(TWTR.N)が、誤報や偽情報を減らすため、最近数カ月間で1日当たり100万を超える数のアカウントを凍結したと報じた。(ロイター) 報道は週末だったので、投資家たちの反応は今日月曜の取引で起きました。

米国のトレーダーたちは、騰落ラインをどのように使っているのか?

イメージ
昨日のブログに、騰落ラインに関するブラント氏のツイートを掲載しました。下がそれです。


騰落ラインは新高値を記録し、とても強いマーケットの様子が示されています。(騰落ライン:ニューヨーク証券取引所に上場されている銘柄のうち、その日に上昇した銘柄と下落した銘柄の差を累積したもの。)

ベテラン・トレーダー:私がトレードするのは、30ヤードラインから30ヤードラインの間だ

イメージ
アメリカン・フットボールのフィールドです。


ベテラン・トレーダーのピーター・ブラント氏は、こんなことを述べています。

私がトレードするのは、30ヤードラインから30ヤードラインの間だ。

悪いニュースばかりがとにかく目立つテスラ

イメージ
木曜の取引で、テスラは50日移動平均線を割り、瞬時3%を超える大幅な下げとなりました。しかし、10時半過ぎから回復ラリーが始まり、結局0.56%の下落で大引けとなりました。下が日足チャートです。

独立記念日、休日の米国株式市場

イメージ
独立記念日、米国は祭日です。


皆で楽しいピクニックということで、山や海岸、そして公園は大混雑となりますから、今日出かけたのでは良い場所は絶対に見つかりません。

中国から報復、午後に崩れた米国株式市場: MACD BBの話

イメージ
半日のマーケットでしたが、米国株式市場はお昼過ぎから崩れ始めました。売買判断に役立つMACD BBに関する動画です。



動画で使用しているチャート(無料)へは、ここからアクセスしてください。

MACD BBに関する動画:少し変わったボリンジャーバンドとMACDの併用方法

注目の安値テストが始まった金

イメージ
金価格が注目のレベルに達しました。下は、金のETFの日足チャートです。


矢印(A)で示した部分を見てください。月曜の取引で、金のETFは1%の下落となり、2017年12月の安値テストが始まりました。「そこまで下げるようなら買ってみたい」と言っていた人たちには、念願の買いチャンスの到来です。