おばあさんから預かった1万ドルをどう投資しますか?

トレーダーたちが集まるStockTwitsに、こんな質問がありました。


あなたは25歳です。「このお金で上手く分散投資してほしい」、とお婆さんから頼まれ、あなたは1万ドル(約110万円)を受け取りました。さて、どのように投資しますか?
メンバーたちの回答をいくつか見てみましょう。
  • これらの株に900ドルずつ分散投資します。成長と配当を狙った投資です。ヒューレット・パッカード、バンク・オブ・アメリカ、AT&T、ファイザー、ユーナム・グループ、台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング、シスコ・システムズ、ベライゾン・コミュニケーションズ、インテル、Technology Select Sector SPDR(ハイテク株のETF)、シティグループ。(tonyvincent)
  • ルーレットで赤の19に全部賭けます。( whec65)
  • 浮動株数の少ない中国株に投資します。(笑)(checkthis)
  • おばあさんのためなら、退屈な低ボラティリティのETFに投資します。(orangesherbet0)
  • ナスダック指数を空売りします。(alex_tpwnz)
  • マイクロソフトに5000ドル、残りの5000ドルをアップルに投資します。(Ackleman901)
「多くのファンドマネージャーは、S&P500指数を超える成績を上げることができない状態ですから、S&P500のETF、SPDR S&P 500 Trustに投資するべきだ」という意見も出ています。重要なのは、買ったままずっと保有するのではなく、売買を繰り返します。


上はS&P500指数の月足チャート、1995年から現在までの様子です。入っている線は10月移動平均線です。S&P500指数が、この移動平均線より上(緑の点)にある時はS&P500のETFを保有します。しかし、S&P500が、この移動平均線を下回った場合(赤い点)はS&P500のETFを売却して現金にします。もちろん、100%完璧な方法ではありませんが、移動平均線を使った効果的な長期投資方法の一つです。


(情報源:StockTwits

コメント