投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

おばあさんから預かった1万ドルをどう投資しますか?

イメージ
トレーダーたちが集まるStockTwitsに、こんな質問がありました。


あなたは25歳です。「このお金で上手く分散投資してほしい」、とお婆さんから頼まれ、あなたは1万ドル(約110万円)を受け取りました。さて、どのように投資しますか? メンバーたちの回答をいくつか見てみましょう。

ベアマーケットと騰落ライン

イメージ
木曜のマーケットがそろそろ終わります。下は、S&P500のETF、SPDR S&P 500 (SPY)の3分足チャートです。


矢印(A)が今朝の寄付き、Bの赤い線は今朝の寄付きから引いたVWAP(出来高加重平均)、そしてCは昨日の寄付きから引いたVWAPです。

銀行株は2007年を再現する?形成される不安なパターン

イメージ
銀行株指数に嫌なチャートパターンが形成されています。ここからの動きに大いに注目です。4分ほど の動画です。




(情報源:InvestmentWatchのツイート

動画で使用したチャートはTradingViewです。無料で使えます。

トレーダーの悪いクセ:利食いが早すぎる、損切りが遅すぎる

イメージ
「トレードは難しい。90%の個人トレーダーは失敗に終わる」、と言われています。90%という数字は大袈裟のような気がしますが、トレードが難しいというのは事実です。発表されたデータを、いくつか見てみましょう。

63日移動平均線??

イメージ
スイングトレーダー、ブライアン・シャノン氏は、こんな移動平均線を考慮することを勧めています。6分ほどの動画です。



動画で使用したチャートはTradingViewです。無料で使うことができます。

(情報源:シャノン氏のツイート

個人投資家たちが感じていたことは本当だった

イメージ
皆さんも薄々感じていたと思いますが、ブルームバーグの報道によると、私たちが感じていたことは単なる妄想ではありませんでした。
なぜヘッジファンドのマネージャーたちは、「これが買い候補銘柄だ」などといった重要な情報を、投資家たちの前で公表するのでしょうか?

NR7だけでなくNR10も見てみました

イメージ
NR7というパターンについて何度か書きましたが、NR7はNarrow Range 7の略になり、過去7日間で値幅が最も狭い日がNR7になります。実例をあげると、金曜のNYダウがNR7です。

証券取引所は週末も営業するべきだ!?

イメージ
こんな質問があります。 なぜ土曜と日曜は株の取引が無いのでしょうか? 言うまでもなく、週末は全ての人が休みになる訳ではありません。小売店、レストランは通常どおりに土日も営業し、銀行も土曜は店を開けています。もし週末に株取引ができるようになれば、週日は仕事で忙しい人たちが、大いに助かるのではないでしょうか?

貿易戦争が株を売った理由???

イメージ
ひとつひとつの言葉は忘れてしまいましたが、ポール・チューダー・ジョーンズ氏が、このようなことを語っていました。

株価はなぜ上がったのだろうか、なぜ下がったのだろうか、と値動きの原因究明に懸命になる投資家が多い。私の経験から言えることは、皆に注目されるようになった時点で、値動きのほとんどは終わっている。私がこの業界に入った頃は大した情報が無く、情報の質も悪かったから、私はマーケットの動きが示されているチャートを重要視するようになった。

ダウ平均から外されたGE、株主は喜ぶべきだ??

イメージ
・米GEがダウ平均から外れる、110年ぶり 株価低迷で(CNN)・米GEをダウ平均から除外、19世紀組み入れの最古銘柄姿消す(ブルームバーグ)・GE、ダウ平均から除外 ドラッグストア大手と交代へ (日本経済新聞) GE(ゼネラル・エレクトリック)がダウ平均から外され、その代わりとして、ドラッグストア大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが26日からダウ銘柄に採用されます。

成功しているトレーダーが実行している13項目

イメージ
下は、スティーブ・バーンズ氏のブログからです。

相場が正常に戻るのは7月の中旬になってから??

イメージ
日本円のETF、Invesco CurrencyShares Japanese Yen Trustの日足チャートです。

少し変わったボリンジャーバンドとMACDの併用方法(続編)

イメージ
一つの指標に頼るのではなく、他の指標、そして他の時間軸も確認することが大切です。約7分の動画です。




動画で使っている無料チャートへは下記からアクセスしてください。

TradingView


下はこの動画の前編です。

少し変わったボリンジャーバンドとMACDの併用方法

ビットコイン:歴史が繰り返さたら凄いことになる

イメージ
投資家たちはビットコインに対して極めて悲観的です。しかし、この過去のデータを見たら、買い手は元気になることでしょう。約7分の動画です。




動画で使っているチャートへは下記からアクセスしてください。無料で使えます。

TradingView

米国の失業とインフレは低水準??

イメージ
予想されていたように、米国の金利は引き上げられました。
(ワシントン時事)米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は13日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き上げ、年1.75~2.0%にすると全会一致で決めた。上げは3月以来で、今年2回目。景気判断を上方修正して年内にさらに2回の金利引き上げを見込み、今年の利上げ回数は合計4回となる見通しだ。 今年の金利引き上げ回数が合計3回から4回に増やされたので、「連銀の姿勢はタカ派になった」という意見が早速出ました。しかし、2020年の利上げ回数は2回から1回に減らされたので、2020年末の金利水準に変化はありません。

笑いが止まらない内部関係者たち

イメージ
フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルはFANG株と呼ばれ、投資家に人気の4銘柄です。こんなツイートが出ています。

大衆を興奮させる値動きとはどんなパターン??

イメージ
ラリー・ウィリアムズ氏は今年75歳、日本でも著書が出版されているので、皆さんの中にも氏の本を読んだことがある人たちがいることでしょう。
ラリー・ウィリアムズ(Larry Williams、1942年10月6日 - )はアメリカの有名な投資家・投機家。ウィリアムズ%R(W%R)などの数多くの投資手法を発案した。1987年のロビンスカップで11376%(113.76倍)の驚異的リターンを出し優勝し世界にその名をとどろかせた、未だにこの記録は破られていない。数多くの投資手法を持っており、セミナーに参加した人だけに伝授する方法もある。タートルズのラッセル・サンズとは親交がある。オレゴン大学卒業。(ウィキペディアから抜粋)

弱気なことを言うトレーダーたち、しかし、、、

イメージ
やや長期に渡るトレード、数週間単位でポジションを保有する人たちと話をする機会が昨夜ありました。マーケットに関する不安材料、心配材料を多数指摘する彼らでしたが、彼らに共通していることは買い姿勢です。
売り候補銘柄数と買い候補銘柄数を比較すると、現時点では、約3対1の割合で買い候補銘柄数が売り候補銘柄数を上回っている。

GMMAで見るマーケットのトレンド

イメージ
トレンドを確認するために、多くのトレーダーは移動平均線を使っています。下はその一例、S&P500のETF、SPDR S&P 500  (SPY)の日足チャートにGMMAを入れたものです。


GMMAについて簡単に復習してみたいと思います。

投資家たちは何故もっと強気になれないのか??

イメージ
AAIIから発表された、今週の個人投資家たちのセンチメント調査結果です。
     ・強気:38.9%(先週 35%     歴史的平均値 38.5%)      ・中立:34.4%(先週 38.7%     歴史的平均値 31.0%)      ・弱気:26.7%(先週 26.3%     歴史的平均値 30.50%)
「強気センチメントは15週間ぶりの高レベル!」という報道を聞くと、皆さんかなり強気と思ってしまいますが、歴史的平均値に、やっと戻ったところです。
下は、CNNマネーに掲載されている恐怖&欲 指数です。

トレーダーコーチが語る「見直し」の重要性

イメージ
トレーダー・コーチとして知られるブレット・スティーンバーガー氏が、見直すことの大切さについて述べています。


米国のトレーダーたちも使っている平均足

イメージ
低迷の続いていたヨーロッパ銀行株指数が、今日は2.65%と大きく反発しています。下が日足チャートです。

株番組の担当者が語るトレードの十戒

イメージ
アメリカの投資家にはお馴染みのジム・クレイマー氏(CNBC)は、トレードのルールとして、これらのことをあげています。

小型株が大型株を牽引する?!

イメージ
もうかなり前になりますが、S&P600指数について書いたら、こんな内容のコメントが来ました。
よく確かめてから記事を書いてください。S&P600などという指数はありません。 米国株式市場のバロメーターであるS&P500指数は有名ですが、小型株指数であるS&P600は、あまり知られていません。

FBI捜査官:勤務時間外に演じた失態

イメージ
金曜の真夜中過ぎ、コロラド州デンバーにあるバーで起きた事件です。踊っているのはFBI捜査官です。


注目される来週のアップルの動き

イメージ
AAIIから毎週発表されている、今週の個人投資家たちのセンチメント状況です。


株の銘柄選びは人工知能に任せろ!?

イメージ
株の世界では、アルゴリズムを駆使した取引が主流となりました。個人のレベルでも、トレード・ロボットを使って、自動売買をしている人が増えました。「時間をかけてトレード方法を習うより、既に実績のあるトレード・ロボットを使った方が効率的だ」という声が頻繁に聞かれるようになり、トレード・ロボットの販売を目的としたセミナーも増えています。