トレードのルールを見直してみましょう

トレーダーたちには、自分が作り上げたルールがあります。たとえば、損切りに関するものなら、「買い注文を入れた直後、損切りの注文も入れる」、「どんなに損をしても、3%以上の損は出さないこと」などがあります。

日曜のブログで、重要と思われるトレードルールをスティーブ・バーンズ氏が取り上げているので、いくつか見てみたいと思います。



  • どこで損切りするかを決めてあるだろうか?具体的な損切り設定が無いのなら、トレードを執行してはいけない。
  • 一回のトレードで、トレード資金(口座にある全資金)の1%を超える損を出してはいけない。
  • 相場の状況によってトレードするポジションを調節すること。たとえば、荒れるマーケットでは、取引する株数をいつもより少なくすること。
  • 損の出ているポジションの買い足しをしないこと。
  • トレードの結果は、次の4つのうちの一つであること。1、小さな利益、2、小さな損、3、大きな利益、4、±0。大きな損を出すという選択肢は無い。
  • 利食いの目標株価より、損切りの設定の方が重要だ。
  • 実際に目の前で展開されている値動きに合わせたトレードをすること。こうなる筈だ、などといった偏見でトレードをしてはいけない。
  • 基本的に、強いものを買い、弱いものを空売ること。
  • ニュースに惑わされてはいけない。繰り返し言うが、重要なのは値動きだ。
  • トレードをする前に、リスク・リワード比の確認をすること。
  • この質問に答えて欲しい。あなたがトレードしようとしているものの現在のトレンドは何だろうか?次の質問は、あなたのトレードのタイムフレーム(時間軸)はどれだろうか?日足、30分足、それとも5分足?自分の時間軸のトレンドに合ったトレードをすることだ。
  • 損切りは、あまりにも狭く設定してはいけない。あまりにもキツイ損切り設定は、雑音程度の値動きが起きただけで損切りとなってしまう。(損切りを設定する方法のひとつとして、アベレージ・トゥルー・レンジが役立ちます。)

(参照した記事:30 Of The World’s Best Trading Rules

コメント