投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

大方の意見に反して下降が始まった米国債の利回り

イメージ
復活祭の週末ということで、金曜の米国株式市場は休みになります。キリストが十字架にかかった金曜は聖金曜日(グッド・フライデー)と呼ばれ、言うまでもなく、キリスト教徒にとって大きな意味を持つ日です。

なぜ、ニューヨーク証券取引所は、聖金曜日を休みにしたのでしょうか?興味のある方は、下記の記事を参照ください。

ニューヨーク証券取引所: 聖金曜日はなぜ休みなのか?

この銘柄は買いでしょうか?:4ヵ月以内に倒産するだろう

イメージ
先ず、これを見てください。ある銘柄の状況です。


ST Trend: 短期トレンド。矢印は下向きですからダウントレンドです。LT Trend:長期トレンド。横ばい。

シトロン・リサーチは、なぜ自信たっぷりにツイッター株を空売っているのか?

イメージ
火曜のマーケット終了まで1時間20分を残し、ツイッター株は、9.24%の大きな下げとなっています。下が日足チャートです。

週足のMACDを日足チャート上に表示する方法

イメージ
昨日の動画の続きになります。日足チャート上に、週足のMACDを表示させる方法です。



動画で使用しているチャート(無料、リアルタイム)へは下記をクリックしてアクセスしてください。

TradingView

人気指標MACD、週足のMACDもお忘れなく

イメージ
MACDは、トレーダーや投資家に人気の指標です。日足チャートのMACDだけでなく、週足のMACDも使うことの重要性を動画で説明してみました。




動画で使用したチャートはTC2000ですが、無料チャートならTradingViewが便利です。

移動平均線の傾きの話

イメージ
株価は移動平均線より上なのか、それとも下なのかといった事と同様に重要なのは、移動平均線の傾きです。ご存知のように、移動平均線には3つの傾きがあります。

上昇:買いが優勢水平:膠着状態下降:売りが優勢 米国の投資家の間で、最も広く使われているのは、50日と200日移動平均線の二本です。ダウ平均の日足チャートを見てみましょう。

これで金の底打ちが確認できた!?

イメージ
金利の引き上げ、そしてパウエルFRB議長の記者会見が今日の大きな話題となりましたが、興味深かったのはこのツイートです。

フェイスブック:そう言われてみれば確かにそうだ

イメージ
フェイスブックに関するこのツイートを読んで、「そう言われてみれば確かにそうだ」と思った人が多いことでしょう。

フェイスブックに三尊の登場!?

イメージ
CNBCは、月曜の米国株式市場をこう形容しています。


注目は、暴落(meltdown)という言葉が使われていることです。私は、マーケット開始から終了まで様子を見ていましたが、暴落には全く気がつきませんでした。

フィボナッチを使った移動平均線について

イメージ
先ず、このツイートから見てください。

米国内全店閉鎖のトイザラス:破綻の原因となった8項目

イメージ
トイザラス、米国内全店舗を閉鎖・売却へ…米紙(YOMIURI ONLINE)トイザらス、米店舗を閉鎖・売却へ 従業員3万3000人に影響(AFP) 米トイザラス、全店閉鎖・売却へ 日本では当面営業継続(朝日新聞)

米国株式市場:テーマはネガティブ・ダイバージェンス

イメージ
金曜のマーケットがそろそろ終わります。現在、S&P500指数はマイナス0.16%の小さな下げですが、トレーダーたちは主要株式指数と人気大型銘柄に現れたダイバージェンスを気にしています。
ダイバージェンスは、相違や逸脱、発散などを意味する英語の「divergence」に由来し、テクニカル分析においては、相場(ローソク足)の動きとテクニカル指標(RSI、RCI、ストキャスティクスなど)の動きが逆行する(逆に動く)現象をいいます。これは、トレンドの勢いが弱まっていることを示唆し、また相場が反転する前に起こりやすい現象であり、もうすぐ今のトレンドが終了することを示唆する場合もあります(明確なトレンド転換のシグナルとまでは言えず)。 ---iFinanceから抜粋

トレードと分別のある勇気について

イメージ
今日のブログで、トレード心理の研究で知られるブレット・スティーンバーガー氏は、トレードの成功と勇気について書いています。実は、これを読んで思い出したのは、以前の上司ローレンス・コナーズ氏です。

ビットコインは雲の下

イメージ
さすがに、このニュースは、ビットコインだけでなく仮想通貨市場全体にショックを与えました。

グーグル、仮想通貨とICOの広告を6月から禁止へ・方針変更は「悪い広告」の取り締まりに関する報告書と同時に公表・検索大手のグーグルに先立ちフェイスブックも仮想通貨広告を禁止 下は、グレゴリー・マナリノ氏のツイートです。

ドル指数:重なるサポートラインのテスト中

イメージ
ドルの下げ基調に変化は無いことを考えると、金と商品は引き続き買い。特に商品の中で注目したいのは農産物だ。-- ピーター・ブックバー(ブックマーク・アドバイザーズ) ブックバー氏の言葉を読んで思い出したのは、クリス・キンブル氏のブログに掲載されていた、このチャートです。

なぜトレードで大きな損を出してしまうのだろうか?

イメージ
著名アナリストによる格下げで、朝起きたら持ち株が10%を超える大幅下落になっていた、ということが時々起きます。しかし、ほとんどの場合、持ち株が一気に10%下げることはなく、損は小さな額で始まります。被害が小さなうちに損切ってしまえば事は済むのですが、なぜ投資家たちは最終的に大きな損を出してしまうのでしょうか?スティーブ・バーンズ氏(New Trader U)は、こんな理由を挙げています。

米国株式市場:現在進行しているブルマーケットが始まったのはいつ?

イメージ
投資心理を把握するために役立つ恐怖&欲 指数は、この1週間で、極めて弱気な数値である10から、ほぼ中立である44まで大きく回復しています。

アマゾンがロボアドバイザー業務を開始する?!

イメージ
金曜の午前中に届いたニュースレターに、このような箇所がありました。
話を実際に聞いてみて分かったことだが、知人のほとんどが、401Kでロボアドバイザーを使っている。(ロボアドバイザー:個人投資家向けの自動資産運用システム)

大学をやめてトレーダーになりたい、、、

イメージ
株のトレードをするE氏から聞いた話です。


「大学に通う長男が株式市場に興味があるから、株のトレードについて、少し教えてやってほしい」と親友から電話があった。「マーケットは9時半に始まる。その1時間前にオフィスへ来るように」と電話に出てきた親友の息子に私は言った。

米国株式市場: 大きく減った強気論者数

イメージ

重要なレベルに迫る債券ETF

イメージ
2月28日から3月6日までに、資金が最も流出した10のETFです。

3主要株式指数は揃ってNR7:嵐の前の静けさ??

イメージ
火曜のマーケット終了まであと25分ほど残し、ダウ平均は+0.11%、S&P500指数は+0.29%、そしてナスダック総合指数は+0.34%です。NR7について何度か書いたことがありますが、実は今日のマーケットでは、ダウ、S&P500、そしてナスダックの3指数が揃ってNR7です。

銀の空売りポジションを大きく減らしたコマーシャルズ

イメージ
銀の投資家たちが強気になっています。理由はこのニュースです。

「2015年8月以来、コマーシャルズが現在保有する銀の空売りポジションは最低」 コマーシャルズにはスマートマネー(賢い資金)という別名があり、実需筋や政府機関、そして穀物商社、賢明な機関投資家などがコマーシャルズに属します。

下は、銀の日足チャートです。

150日と200日移動平均線

イメージ
米国の投資家たちは、長期トレンドを把握する一方法として、200日と150日移動平均線を使っています。先ず、NYダウの日足チャートから見てみましょう。

気が狂った米国の政治家

イメージ
常識を欠いた政治家の意見を紹介します。

THE HILLのヘッドラインです。

トレードで損を出した原因は何ですか?

イメージ
スティーブ・バーンズ氏が、トレーダーたちにこんな質問をしました。
なぜトレードで損を出したと思いますか? 下が主な回答です。

既に損が出ているポジションを買い足して、損額を更に大きくしてしまった。

今日の米国株式市場の大幅下落はトランプ大統領の責任?!

イメージ
ブルームバーグの見出しです。


そして、下はロイターのヘッドラインです。