米国株式市場:メルトアップがいよいよ始まる??

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく。-- ジョン・テンプルトン
テンプルトン氏の言葉をチャート化するとこうなります。


1、楽観、2、興奮、3、スリル、4、陶酔、5、最高の買いチャンスだ!、6、心配、
7、現状の否定、8、恐怖、9、自暴自棄、10、パニック、11、降伏、12、落胆(マーケットはまだまだ下がる!)、13、鬱的な状態、14、希望、15、安心、16、楽観

簡単に言えば、人々はマーケットの天井で最も強気になり、マーケットの底で最も弱気になります。さて、現在の位置はどこでしょうか?金曜の米国株式市場は新高値、史上最高のレベルで取引を終了しました。「ここが最高の買いチャンスだ!」と投資家たちは陶酔状態なのでしょうか?

AAIIから毎週発表されている、個人投資家たちのセンチメントを見てみましょう。

強気(BULLISH)回答が59.8%あり、歴史的平均値の38.5%を大きく上回っています。下のチャートを見てください。現在の位置がいかに高レベルであるかが分かります。

チャート:Clif Droke氏のブログから
こういう興味深いデータもあります。

上のチャートには、格安手数料の元祖として有名な大手ディスカウント証券会社チャールズ・シュワブの個人客が口座に保有する現金の割合が示されています。最新の情報によると、2017年第3四半期における現金が個人投資家の口座を占める割合は11.1%であり、これは史上最低のレベルです。単純に結論すれば、個人投資家たちは超強気、株を目一杯買い込んでいる状態です。

いよいよ米国株式市場の大幅下落が迫っているのでしょうか?4日のブルームバーグには、こんな記事があります。

株式はメルトアップに向かう恐れ-過去に予想的中させたグランサム氏
GMOの最高投資ストラテジストを務めるグランサム氏は3日の投資家向け書簡に、「偉大な株価バブルの歴史を書き残す者として私は、今回の非常に長い強気相場にブローオフないしメルトアップの局面に入りつつある兆しが見えることも認識している」
メルトアップは、「乗り遅れては大変」と投資家たちが殺到し、マーケットが大幅上昇することを意味します。米国株式市場は約9年に渡る長い上げ相場が続いていますが、「これから本格的なメルトアップが始まる」というシナリオも頭に入れておきたいと思います。




コメント