自分とはスタイルの違うトレーダーの話を聞いてみよう

ジョギングだけに限らず、寒い冬は外で運動をする気に中々なれません。


私が住んでいる南カリフォルニアは雪が降ることはありませんが、冷え込む朝夕は、やはり走る気にはなれません。株の世界なら、「悪い環境では無理して売買しないこと」で済みますが、健康のためには運動を休むわけにはいきません。

どうやったら、寒い冬に運動をやる気になることができるでしょうか?良い方法の一つは仲間を作ることです。仲間は近所に住む人、会社の同僚、妻や夫、とにかく走りたい人なら誰でも構いません。同じ目標を持つ人たちの集まりですから、お互いに励ましあい、良い前向きな雰囲気で運動をすることができます。

株や先物などのトレードでも、同じ目標を持つ仲間を持つことは有益です。トレーダー・コーチとして有名なブレット・スティーンバーガー氏は、こう語っています。
成功しているトレーダーは、他のトレーダーたちと交流し、ユニークな学ぶ機会を作っている。他のトレーダーたちの話を聞くことで、新しい情報や知識を得ることが可能になる訳だが、特に試してほしいことは自分とはスタイルが全く違うトレーダーに接してみることだ。
もしあなたが、その都度自分でトレード判断をしているディスクレショナリー・トレーダーなら、過去のデータにもとづき機械的に売買をしているシステム・トレーダーの話を聞いてみることだ。あるいは、もしあなたが米株専門のトレーダーなら、海外の株を専門にトレードしている人の話を聞いてみよう。他のトレーダーと適切な交流をすることで、1+1=2以上の有益な知識を得ることができる。

(参照したブログ:Three Ways to Move Forward as a Trader

コメント