株、為替、先物に共通した5つのトレード・ルール

(下は、ゼロヘッジに掲載されている、ニコラス・コラス氏の記事から抜粋したものです。コラス氏はSACキャピタルでトレーダーとして働いていた経歴の持ち主です。)



1、トレンドに注意を払うこと、トレンドを無視しないこと:

新高値を空売らないこと、新安値で買わないこと。バリュエーションだけを基準にして売買してはいけない。

2、トレードの計画を立て、計画に従ってトレードすること:

私がSACにいた頃は、トレードをする前に重要と思われることを全てノートに記した。例を挙げれば決算発表、経営陣の記者会見、大きな経済イベントなどだ。差し迫っている好例を一つ挙げよう。ビットコインの先物取引が日曜から始まる。多くの人たちは、これはビットコイン価格に好影響となると言う。しかし、ビットコイン価格の動きがどうなるかは、実際に先物取引が始まるまで分からない。

3、トレードをする前に、いくらで利食うのか、どこで損切るのか、そしてどの程度の期間にわたるトレードをするのかを決めること。

4、短期トレードを長期投資にしてはいけない:

何か少しおかしい、というのは間違っているのと同じことだ。たとえポジションが小さくても、間違ったトレードは直ぐに損切ること。

5、自分自身を知ること:

トレーダーによってリスク許容度は違う。たとえ同じトレード方法であったとしても、二人のトレーダーが完全に同じトレードをすることはありえない。あるトレーダーは、10のポジションを同時に持つことができても、あるトレーダーにはそんなことはできない。自分の性格、リスク許容度、そしてトレード経験をよく知ることだ。「ビットコインをトレードするべきでしょうか」という質問を受けたら、私はこう答える。「分かりません。先ず、あなたのことについて教えてください。」

(参照した記事:The Top 5 Lessons For Trading Anything

コメント