米国不動産投資信託市場に黄信号??


上半分は7年~10年米国債に投資しているETFの値動き、下半分は米10年国債の利回り指数です。利回りが上昇する状況では国債価格が下がり、利回りが下落する場面では国債価格が上昇する様子を明確に見ることができます。



注目は差し迫るサポートとレジスタンスレベルです。Aで分かるように、国債価格はサポートラインに迫り、利回り指数の直ぐ頭上にはレジスタンスラインが控えています(B)。Aのサポートライン割れは利回りの更なる上昇を意味し、それとは反対にサポートが守られ、国債価格が上昇に転じるなら利回りは下降します。

当然の疑問は、どちらのシナリオが実現するでしょうか?Aのサポートは守られるでしょうか、それとも利回りはレジスタンス(B)を上放れるでしょうか?新債券王の異名を持つジェフリー・ガンドラック氏はこう語っています。
私はここ数年、債券があまり気に入っていない。投資家は、債券に割り当てる資金を軽くするべきだ。
極論するなら、ガンドラック氏は国債に投資をするなと言っているだけでなく、国債の売却を勧めています。明らかに氏は、利回りの更なる上昇を予想しています。

10年債の利回りの動きは住宅ローン金利に大きな影響を与えます。早速、こんなツイートが出ています。


不動産投資信託(リート)に投資をしているETFの週足チャートです。このツイートをしたChess氏は、こう結論しています。

リートのETFは80ドル~79ドル付近に走る重要なサポートレベルのテスト中だ。もし国債価格が下げ続け、そして利回りが更に上昇するなら、リートのETFは上昇するチャネルから転落だ。

(情報源:Gundlach: "The Order of The Financial System Is About To Be Turned Upside Down"

Chess氏のツイート

コメント