熱狂的な相場が始まるのはこれから??

強い株式市場が続いています。下は、1987年以来、個人投資家たちのセンチメントを毎週調査しているAAIIから発表された今週の結果です。


強気:39.8%(前回:35.6%、歴史的平均値:38.5%)
中立:33.3%(前回:31.6%、歴史的平均値:31.01%)
弱気:26.9%(前回:32.8%、歴史的平均値:30.5%)


好調なマーケットを反映して、強気回答が歴史的平均値である38.5%を上回りました。しかし、AAIIのチャールズ・ロットブラット氏によると、こんな事が起きるのは今年に入ってからたったの6回目です。中立回答は今回も歴史的平均値を上回り、これで24週連続になります。弱気回答が歴史的平均値を下回るのは、これで過去5回中4度目になります。

ロットブラット氏はこう述べています。
投資家たちは、税制改革の行方、株のバリュエーション、それに経済成長を気にしている。先ず税制改革についてだが、多くの投資家は、大統領の望み通りの形で議会を通過するのは無理だと見ている。株のバリュエーションについては割高という見方が一般的であり、一部の投資家は大きな下げを心配している。経済成長については、順調に成長しているという楽観論も聞かれる。
「米株は割高であり、そろそろ大きな下げが起きてもおかしくない」ということがよく言われています。下のチャートを見てください。


2009年から現在までの強気回答の推移です。(上昇している赤い線はS&P500指数)今回の結果39.8%は、決して高いレベルではありません。見ての通り、50%を超えることは度々ありますから、マーケットがこんなに調子が良い今日、数値がたったの39.8%しかないのが不思議です。こんな冷めた状態で、マーケットは天井となるでしょうか?この数値を見る限り、皆が興奮し熱狂的なマーケットが訪れるのはこれからのような気がします。

(情報源:AAII Sentiment Survey: Pessimism Pulls Back

Bespokeのツイート

コメント