さようなら、サウス

我が家で暮らすようになってから12年、サウスが他界しました。野良猫だったので正確な年は分かりませんが、長年一緒に暮らしたネコと別れるのは悲しいものです。


とにかく食べることが大好きでした。同居しているもう二匹のネコは、エサを早く食べないとサウスに食べられてしまうので、さぞ迷惑したことでしょう。

私は毎日5時前に起きます。洗面を済ませた後、ネコたちの朝食となります。歯を磨く私の隣にサウスは座り、まるで朝食を楽しみにしているようでした。

しかし病気でサウスは、ここ数日間、何も食べることができなくなってしまいました。あんなに食べることが好きだったのに、エサを目の前に置いても顔をそむけるのです。

妻と犬ネコ病院の先生と話し合い、これ以上の苦しみを与えることはあまりにも可哀想だと判断し、サウスは今日の午前中永眠しました。

サウス有難う、君は本当に可愛いネコだった。また必ず会えると信じているよ。

コメント

hagetohige さんの投稿…
良い飼い主達に看取られて苦しみ無く行けたのはサウスさんにとっても幸いだったでしょう。
謹んでお悔やみを申し上げます。
T Kamada さんの投稿…
hagetohige さん

ありがとうございます。
もしネコにもあの世があるのなら、サウスは美味いものを食べていることでしょう(笑)。