ついにブレイクアウトの金、著名トレーダーからの警報

何と言っても、月曜の最大のニュースはテキサスに多大な被害を与えたハリケーン・ハービーです。報道されているように、降水量は762ミリを超え大規模な洪水が発生しています。

写真:ツイッターから

車は完全に水の中、正に信じられない降水量です。
ドローンで撮影された、こんな動画もあります。



あまりにも言い古されてしまった言葉ですが、自然の猛威の前には、人間は全く無力であることを感じます。

一部のトレーダーたちは、テキサスの洪水で恩恵を受けそうな銘柄をツイートしています。もちろん、人の不幸を喜ぶようなツイートはするべきでないと感じたトレーダーも多かったようで、私の勘違いかもしれませんが、今日は株に関するツイートが少なかったような気がします。

株以上に注目を浴びたのは金です。


矢印の部分で分かるように、金価格はレジスタンスとなっていた1300ドルを突破です。1200ドルから1300ドルでのレンジ相場が続いていましたが、今日のブレイクアウトで、金は上昇相場が開始となった可能性があります。

金のブレイクアウトについて、ビクター・スペランデオ氏(著名トレーダー)は、こんな事を語っています。
今日、金と銀が買われた原因は上海の株式市場が約1年ぶりの高値を記録したためだ。ご存知のように、中国は金属市場の主要パワーであり、大きな買い手だ。今日の上海市場を振り返るとプラチナは9ドル高、パラジウムも上昇、とにかく全ての金属が上がった。正に、金鉱株、銀鉱山株が上昇した2016年初頭によく似ている。
ジョージ・ソロス氏と一緒に仕事をした経験があるスペランデオ氏は、こんなことも語っています。
下降が続く米ドルからは、もう金利引き上げは無いというシグナルが出ている。言い換えると、米国経済は金利を再度引き上げることができるような健全な状態ではなく、これから悪化が始まる。
更に、世界のリーダーは失敗者ばかりだ。マクロン氏を選んだフランスは自殺したのと同じであり、メルケル氏の支持率は、トランプ大統領の支持率より低いたったの33%だ。要するに、ヨーロッパは水の泡となり、世界は大惨事を免れることはできない。
超割高な米株は空売りだ。世界の投資家は、金は1500ドルへ上昇、そして銀は22ドルに達するのを目撃することになるだろう。

言うまでもなく、金のファンたちは、スペランデオ氏の言葉を聞いて大喜びです。

(情報源:ALERT: Former Soros Associate Just Warned This Is Why The Gold & Silver Markets Are On Fire Today

Shocking Drone Footage Shows Harvey's "Unprecedented" Devastation, "No Parallel To Any Rainstorm In US History"

コメント