極めて静かなマーケット、現れたNR7

昨夜は少し飲み過ぎ、軽い二日酔いで月曜のマーケットに臨みました。ラッキーなことに、今日のマーケットは極めて静かな展開となり、日足チャートにはNR7が形成されました。NR7については何度も書いたので、「またか!」と思われる人がいるかもしれませんが、NR7はNarrow Range 7の略であり、過去7日間で最も値幅が狭い日を意味します。下はS&P500指数の日足チャートです。


矢印で示した今日のローソク足を見てください。まるで点のような小さなローソク足、最近7日間で最も値幅が狭いNR7が出来上がっています。NR7の翌日は大きな値幅となる傾向があるので、明日火曜のマーケットは注目です。
NR7のトレード方法:
・ 翌日、NR7の高値を越えたら買う。
・ 翌日、NR7の安値を割ったら空売る。
ダウ30銘柄を調べてみると、10銘柄にNR7が形成されています。


一番下のベライゾンを見てみましょう。


明日、今日の高値(1)を突破したら買い。その反対に、明日、今日の安値(2)を割ったら空売りです。トレンドを考慮した場合は、ベライゾンは明らかなダウントレンドですから、基本的には空売りシグナルだけに従い先週の安値(3)を第1目標にします。

上から2番目、デュポンはアップトレンドの例になります。


NR7となった今日の高値(85ドル)は、ここ数日間の難関であり、見てのとおり短期レジスタンスレベル(A)となっています。ということで、買いシグナルは85ドルの突破です。更に、85ドル突破は上場来高値更新を意味しますから、勢いに乗ることを専門とするモメンタム・トレーダーが集まる可能性もあります。

最後にディズニーを見てみましょう。


明らかなダウントレンドですから、基本的には空売りを狙うパターンです。明日、今日の安値を割ったら空売り、先週の安値が第1目標です。

コメント