大人気のビットコイン:ビットコインに関するジョークを集めてみました

いったい、いつまでこんな急ピッチな上昇が続くのだ!?、と今日もビットコインが話題になっています。


上手く利益を上げることができた人たちは、さぞ喜んでいることだろうと思ったのですが、「売るのが早すぎた!」と悔やんでいる人もけっこう多いようです。
とにかく話題のビットコイン、ビットコインに関するジョークを探してみました。
  • ニュース速報:「ビットコインの真の考案者は俳優のベン・アフレックだった。」この報道直後、ビットコイン価格は暴落となった。
  • ビットコインで支払うことが可能かどうか売春婦に聞いてみた。彼女の答えは「ノー」だった。「なぜ?」と尋ねたら、こういう返事が来た。「ビットコインの価格は、私以上に激しく上下するからお断りです!」
  • 2週間以内に、お申し込みのビットコインを配達します。
  • お爺さんにビットコインの説明をするのは避けた方が無難だ。なぜなら、脳卒中を引き起こす可能性があるからだ。
  • ある男性が銀行へ行って、口座にあるドルをビットコインに替えて欲しいと行員に頼んだ。「少々お待ちください」、と言って行員は席を離れた。数分以上も待たされ、やっと戻って来た行員は男にこう言った。「支店長と相談し、お客様の口座を凍結しました。どんな理由でドルをビットコインに両替されたいかは分かりませんが、場合によってはテロ行為と判断されることもあります。FBIに既に通報しましので、もうしばらくお待ちください。」
  • 同窓会の席で、どんな仕事をしているのかと聞かれた。ビットコインのマイニングをしている、と正直に答えたが、理解できた人は一人もいなかった。
  • ボーイフレンドに会いに行く時は、何故いつもデオドラント・スティックを持っていくのか、と母親から聞かれた。分かって貰えないことは承知で説明した。「ボーイフレンドの仕事はビットコイン・マイニングなの。部屋の中はコンピューターの熱で大変な状態だから、彼はいつも汗だくなの。」
(情報源:Bitcoin Forum

コメント