ビットコインは買い、それとも売り?:トレンドの話

株や為替、それに先物などの取引をする場合、多くの人達は先ずトレンドを確認します。この株は行けそうだ!と思った時点で直ぐに買ってしまうというやり方もありますが、下げ基調にある株を買ってしまうと、期待しているような上昇が起きるまで待たされることになってしまいます。


言い古された、と言ったら失礼になるかもしれませんが、「トレンドは友」という有名な言葉があります。言い換えると、「トレンドに逆らったトレードはするな」になります。さて、皆さんはどのようにトレンドを判断していますか?

下は、最近大人気のビットコインの日足チャートです。


これはアップトレンドでしょうか、それともダウントレンドでしょうか?先ず、赤い線(A)で判断するなら、ビットコインは明確なアップトレンドです。しかし、Bの青い線のような見方をしている人たちは、「ビットコインはダウントレンドだ」と言います。

どちらの見方が正しいのでしょうか?私はどちらも正しいと思います。言い換えると、Aは長期トレンド、Bは短期トレンドです。ということで、先ず最初に決めなければいけないことは、どちらのトレンドでトレードをするかです。

Aの長期トレンドでトレードをすると決めたとします。トレンドはアップトレンドですから姿勢は買いです。では、どんなタイミングで買ったら良いでしょうか?これは単なる例ですが、上放れで買う場合は二つの分かりやすい場所があります。


2800ドル(1)が目先のレジスタンスですから、2800ドル突破がブレイクアウトの買いシグナルです。その次は3000ドル(2)の突破が買いシグナルになります。特に3000ドル突破は新高値記録を意味しますから、空売りの買い戻しも起きて、上昇に勢いがつくことが考えられます。

Bの短期トレンドは下げ基調ですから、短期トレードの姿勢は空売りです。これも単なる例ですが、レジスタンスレベルで空売る場合は、こんなやり方があります。時間軸(タイムフレーム)を日足から4時間足に下げて見てみましょう。


何度か挑戦していますが、2800ドルをなかなか越えることができません。現在の価格(2558ドル)はレジスタンスラインから離れすぎているので、現時点では空売ることはできません。もう一度2800ドルに挑戦し、そこを突破できず失速したところが空売りのタイミングになります。ということで、2800ドルは長期、そして短期的にトレードする人たちの両方が注目しているレベルですから、とても重要なレベルです。

コメント