投稿

6月, 2017の投稿を表示しています

2017年前半のマーケット終了、後退が目立つアップル

イメージ

Red, White and Blueで見るトレンドの強弱

イメージ
Red, White and Blueとアメリカ人が言えば、それはアメリカの国旗を意味します。


見てのとおり、使われている色は赤、白、そして青です。実は、この赤、白、青を使って株や先物、為替などのトレンドの強弱を判断する方法があります。

ミスター・ガートマン登場:原油は単なるデッド・キャット・バウンスだ!

イメージ
ビル・グロース氏には債券王、そしてジェフリー・ガンドラック氏には新債券王という異名があります。商品(コモディティ)の世界にも、コモディティ王と呼ばれるデニス・ガートマンという人物がいます。

CNBCにもよく出演するので、ガートマン氏はお馴染みの顔であり、投資家にとってある意味でとても重要な人です。

ハイテク株の多いナスダック市場にヘッド・アンド・ショルダーの売りパターン

イメージ

金市場を襲った20億ドルを超える早朝の売り、しかしゴールドマン・サックスは金の買い推奨

イメージ
このツイートがあったのは、米西海岸時間の午前1時16分だったので、私は寝ていました。


起きてから早速調べてみると、先ずこんなことが分かりました。

ここが天井!?投資家たちは米株にますます悲観的

イメージ
CNBCとのインタビューで、ジョー・ジドル氏(ポートフォリオ・マネージャー)は、こんなことを語っています。
米長期国債のETFに先週流入した資金額は、米株のETFとミューチュアル・ファンドに今年流入した資金額を上回った。

ビットコインは買い、それとも売り?:トレンドの話

イメージ
株や為替、それに先物などの取引をする場合、多くの人達は先ずトレンドを確認します。この株は行けそうだ!と思った時点で直ぐに買ってしまうというやり方もありますが、下げ基調にある株を買ってしまうと、期待しているような上昇が起きるまで待たされることになってしまいます。

ウランのETFはここが大底!?しかし、、、

イメージ
反核の人たちにとって、ウランという言葉は耳障りが悪いことでしょう。しかし長期的に投資する人たちには、現在のウラン価格が魅力的に見えます。

イーサリアム、フラッシュ・クラッシュ、記録された安値は13ドルではなく、ほぼゼロ同然の10セントだった

イメージ
イーサリアムのフラッシュ・クラッシュから1日半が経過しました。昨日のブログで記したように、たった1分間で、イーサリアム価格は317ドル81セントから13ドルまで暴落し、正に90%を超える強烈な値動きが展開されました。しかし、GDAX取引所のアダム・ホワイト氏(副社長)のブログによると、記録された安値は13ドルではなく、ほぼゼロに等しい10セントでした。

下記が、ホワイト氏のブログの要点です。

アップル株、短期チャートからは売りシグナル、しかし長期チャートからは買いシグナル

イメージ

イーサリアム、フラッシュ・クラッシュ

イメージ
株が専門の私ですが、株トレーダーの間でも昨日のイーサリアムの乱高下は話題になっています。先ず、問題が起きた時間帯の1分足チャートを見てみましょう。

投資心理を利用したSMASHパターンの話

イメージ
(参照したサイト:Larry William’s smash day patterns

ブルマーケットが始まってから8年、今は恐れずに米株を買う時だ!?

イメージ
ウォール街のプロたちは、私たち個人投資家を「愚かな資金(dumb money)」と呼んでバカにしています。もちろん、プロも威張れたものではありません。たとえば去年になりますが、物言う投資家として有名なビル・アックマン氏はバリアント・ファーマシューティカルズの投資に失敗し800億円を超える損を出しています。更に、ほとんどのファンド・マネージャーは、米国株式市場のベンチマークであるS&P500指数の成績を上回ることができないことも有名ですから、下手なファンド・マネージャーに任せるよりインデックス・ファンドに投資した方がマシです。

インデックス・ファンドと言えばバンガード社が有名ですが、バンガードの創始者であるジャック・ボーグル氏は、ブルームバーグとのインタビューで、こんなことを語っています。

この1億ドルでスナップチャット株(SNAP)の低迷は終わる??

イメージ
「これは良いニュースだ!」、と思っても株価は期待していたほど動いてくれない、ということがよく起きます。たとえば今日の場合はスナップチャット(SNAP)です。
タイム・ワーナーが年間最大10のオリジナル番組をスナップチャット向けに制作する契約を交わした。今回の契約の期間は2年で規模は1億ドル(約110億円)。(ウォール・ストリート・ジャーナル) 3月にニューヨークに上場して以来、低迷が続いているスナップチャットだけに、1億ドルという数字を聞いて、これで底から脱出できると喜んだ投資家がいることでしょう。下がスナップチャットの日足チャートです。

無敵のアマゾン、ますます苦しくなったウォルマート、コストコ、ターゲット

イメージ

成功する方法???

イメージ
誰の言葉かは忘れましたが、「成功する秘訣は、途中で諦めないで、成功するまでやり通すことだ」、と言った人がいます。「馬鹿らしいことを言うな!当たり前のことを言うな!」、と腹を立てる人もいると思いますが、その道で成功した人たちには挫折しそうになる経験を何度も繰り返しています。

『E.T.』や『プライベート・ライアン』などの映画監督として知られるスティーヴン・スピルバーグ氏は、南カリフォルニア大学の映画芸術学部の受験で3度も落第しています。

アマゾンはなぜスーパーマーケットを買収する必要があるの?

イメージ
何と言っても今日一番の話題はアマゾンです。
電子商取引大手の米アマゾン・ドット・コムは自然食品スーパーマーケットチェーンを運営するホールフーズ・マーケットを137億ドル(約1兆5200億円)で買収する。アマゾンにとっては過去最大規模の買収となる。同社は食料雑貨分野への参入を強化している。(ブルームバーグ) 米国では小売店が次々と閉店し、ショッピング・センターを衰退させたのはアマゾンの責任だ、と多くの人々が信じています。そして今日の買収ニュースで投資家たちが見せた反応はこれです。

FANG株で最も弱さが顕著になったのはどれだ?

イメージ

乱射の標的となった米共和党議員たち、恐れていたことが現実に

イメージ
FOMC政策金利発表が今日の焦点になる筈でしたが、早朝に起きた乱射事件で、FOMCは二番手扱いになりました。
共和党議員らに向け銃乱射 数人ケガ 米国(日テレNEWS24) チャリティー・ゲームに備え、共和党議員たちが野球の早朝練習をしている時に起きた惨事です。場所は議会に近いバージニア州の公園、銃を乱射したのはトランプ大統領を忌み嫌い、民主党から大統領に立候補していたバーニー・サンダース氏を熱狂的に支持するジェームズ・ホジキンソンです。

「ライフルによる乱射は10分ほど続いた」、と現場にいたマイク・ビショップ議員は語っていますが、この事件に驚いた人は少なかったと思います。

心理学者が語るトレードに役立つ準備運動

イメージ
たとえゆっくりと走るジョギングでも、いきなり走り始めないで、先ず準備運動をすることが大切です。同じことは水泳や他のスポーツにも言え、とにかく運動する前はウォームアップが必要です。

FANG株は続落、しかしサポートレベルは一先ず守られた

イメージ

注目の月曜の株式市場が始まります:マーケット関係者のコメント

イメージ
注目の月曜のマーケットが迫っています。金曜に、アップルやグーグル、フェイスブックなどの米国株式市場の主役が大きく崩れただけに、月曜のマーケットは気になります。市場関係者たちは、どんなことを語っているでしょうか?先ず、CNNマネーに掲載されている「恐怖&欲 指数」から見てみましょう。

ゴールドマン・サックスの言うことは信用できない!?

イメージ
昨日のブログの続きです。金曜のマーケットで、アップルやアマゾン、フェイスブックなどの人気大型株が突然崩れました。

大きく崩れた人気ハイテク株、アマゾンはフラッシュ・クラッシュ

イメージ

大人気のビットコイン:ビットコインに関するジョークを集めてみました

イメージ
いったい、いつまでこんな急ピッチな上昇が続くのだ!?、と今日もビットコインが話題になっています。


上手く利益を上げることができた人たちは、さぞ喜んでいることだろうと思ったのですが、「売るのが早すぎた!」と悔やんでいる人もけっこう多いようです。

米国は既に景気の後退が始まっている!?

イメージ
先ず、このチャートから見てください。

金利先物市場によると、今月14日の連邦公開市場委員会で、金利が25ベーシス・ポイント(0.25ポイント)引き上げとなる可能性は96.9%です。ほぼ100%と言って差し支えない数値ですから、もし金利が据え置きになってしまうと、マーケット関係者たちは驚いてしまいます。

ビットコインは宗教のようなもの?!

イメージ
米国の著名実業家マーク・キューバン氏がビットコインについてツイートし、投資家たちの間で話題となりました。


ビットコインはバブルだと思う。いつ、どの程度の下落となるかは分からないが、皆が「簡単に儲けたよ」と自慢しているのはバブルの証拠だ。

ギリシャ株にNR7の出現

イメージ
あと40分ほどで、退屈なニューヨーク株式市場が終わります。S&P500指数に連動するETFの3分足チャートです。


赤い線は今朝の寄付きから引いたVWAP(出来高加重平均)、そして青い線は金曜の寄付きから引いたVWAPです。

米国株式市場はオールタイム・ハイ、しかし、、

イメージ
米国株式市場は、史上最高値で先週の取引を終了しました。マーケットのベンチマーク、S&P500指数の週足チャートです。


新高値なのですから、普通に考えればお祭り騒ぎになる筈です。しかし、下のチャートを見てください。

steemitを始めて18日が経過しました: steemitのススメ(その2)

イメージ
steemitの日本語ヘルプ:https://steemitjphelp.wordpress.com/

私のsteemit:https://steemit.com/@kamada3

日本、ニホン、にほん

イメージ
今週のETFマーケットをふり返ると、一つのテーマが浮かび上がってきます。それは日本です。


今週上昇が目立った10のETFです。トップは+3.49%のバイオテクノロジー株専門のETF、そして2位、3位、5位に入っているのは日本株のETFです。(今週のS&P500指数は+0.96%)

株サイトがビットコインのTシャツ販売を始めた!

イメージ
ひょっとすると、ビットコインは目先天井かもしれません。


株サイトで有名なStockTwitsが、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、そしてブロックチェーンと書かれた仮想通貨をテーマにしたTシャツの販売を始めました。