ベテラン・トレーダーからの助言:シンプルなトレード・ルールほど役に立つ

長年にわたる自分のトレードを振り返って言えることは、シンプルなトレード・ルールが最も役に立つということだ。-- リチャード・ローズ

下が、ローズ氏が挙げているシンプルなルールです。
・これが最も重要なルールだ。ブルマーケットでは買い姿勢に徹すること。上がり過ぎだ、上昇のピッチが速すぎるなどといった言い訳をして、多くのトレーダーは最初の上げ波動で利食ってしまっている。
・強い株を買い、弱い株を売ること。
・トレードに出動する時は、これが今年の最大のトレードになるぞという姿勢で臨むこと。言い換えると、大した準備もなく、いい加減な気持ちでトレードを始めてはいけない。
・少々な調整でビクビクしてはいけない。強いアップトレンドにおける一時的な小さな下げは売りではなく買い足しチャンスだ。 
・辛抱強くトレード・チャンスを待つこと。
・辛抱強く株を保有すること。十分な値動きが展開される前に、持ち株を手放してはいけない。
・小さな利益で満足しないこと。小さな利益を頻繁に手に入れても、そんなものは一度の大きな失敗で簡単に無くなってしまう。
・外からの雑音の惑わされて、持ち株を簡単に売ってはいけない。
・素早い損切り、小さな損がベストな損だ。
・持ち株に損が出ているなら買い足さないこと。買い足すなら、思惑通りに株価が上がった時だ。
・買い足すなら、口座の中で最も利益が出ている株を買い足すこと。冴えないものは売却だ。
・テクニカルな要素だけで買わないで、ファンダメンタルズの裏付けがある株を買うこと。
・大きな損を出してしまったらトレードを数日休むこと。
・トレードの調子が良いときは、トレードする株数を増やしてみること。
・買い足す場合は、現在保有している株の半分、または四分の一にとどめること。もし400株保有しているなら、200株以上買い足してはいけない。
・ゲリラ兵士のように考えること。戦うなら勝っている方について戦うこと。完全に不利な方について無駄な戦いをしてはいけない。
・天井では荒れる、底は静かに形成される。
・上げ相場の残り時間10%で最も大きな上昇が展開される。場合によっては、この最後の部分で全体の50%に相当する上昇となることもある。

(情報源:Richard Rhodes' Trading Rules

コメント