なぜ私たちの投資成績は冴えないのだろう?

報道されているように、水曜のマーケットでNYダウは2万を突破し、史上最高値を記録しました。こう聞くと、アメリカ人の全員が儲かっているような雰囲気ですが、こういう統計があります。
質問: あなたは個別銘柄の買い、ミューチュアル・ファンドの買い、または年金口座を使って株に投資していますか?
下が回答です。

データ:bankrate.com
Aは全体の結果です。
株に投資している: 43%
株に投資していない: 54%
BからEは年齢別の結果です。

B:18歳~35歳
株に投資している: 33%
株に投資していない: 65%
C: 36歳~51歳
株に投資している: 51%
株に投資していない:46%
D:52歳~70歳
株に投資している:47%
株に投資していない:50%
E: 71歳以上
株に投資している:37%
株に投資していない:59%
全体の結果で分かるように、株に投資をしているのは43%の人たちです。もちろん、この43%に属する全員が儲かっていることなど有りえませんから、ダウ2万の恩恵を受けたのは一部の人たちだけでしょう。

多くの個人投資家たちは、資金の100%を株に割り当てるのではなく、株と債券に資金を分散させています。2004年から2013年までの10年間を振り返ると、S&P500指数(大型株指数)の年間平均リターンは7.4%、そして債券の平均リターンは年6.9%でした。この同期間、株と債券の両方に投資していた人たちの平均利益は年2.6%という低い成績でした。なぜ私たちは良い利益を上げることができないのでしょうか?ショーン・ハンロン氏(投資アドバイザー)は、原因の一つとして、こんなことを指摘しています。
ある投資家が、A株を1250ドルで買いB株を750ドルで買った。A株は1000ドルに下落、しかしB株は1000ドルに上昇した。さて、この投資家は、どちらの株を売るだろうか?典型的な投資家なら利益が出ている方を売却し、損が出ている方は売らないで保有を続ける。
ハンロン氏は、プライドと後悔という言葉で、私たちの投資心理を説明しています。
株で少しでも利益が出ると、私たちは自己満足に陥り直ぐに売ってしまう。持ち株に損が出ている場合は、プライドがあるから、私たちは直ぐに損切ることができない。このプライドが後悔につながる。特に大きな損を出す結果になるのが下げ相場だ。下げが始まったら、直ぐに持ち株を処分するべきだが、プライドに邪魔をされて、私たちは手遅れになるまで株を持ち続け後悔する結果となるのだ。
ということで、プライドも後悔も無いコンピューターが、今日のウォール街の主役であるのは当然の成り行きと言えそうです。

(参照した記事:Millennials slow to start investing in stock market, Bankrate survey finds

Most Americans not benefiting from Dow 20,000

Why The Average Investor's Investment Return Is So Low

コメント