失敗の後には素早い動きがやって来る

米国株式市場には、こういう言葉があります。
From failed moves come fast moves
失敗の後には素早い動きがやって来る、という意味になり、この言葉が今日のマーケットにあてはまる可能性があります。

下はナスダック100指数の日足チャートです。


注目は昨日のローソク足(1)と今日のローソク足(2)です。昨日、ナスダック100指数はレジスタンスを突破して高値が更新されました。しかし、今日は買いに後続がなく、弱さを示す長めの陰線が形成されています。言い換えると、ブレイクアウトの失敗です。
From failed moves come fast moves(失敗の後には素早い動きがやって来る)
ご察しの通り、素早い動きというのは素早い下げを意味します。

一部の投資家たちは、ダウ平均も同様な状態だと語っています。


約2週間にわたって、ダウは20,000に挑戦しましたが、今日は目立つ陰線が形成され目標の20,000から遠のいてしまいました。一部の投資家が言うように、今日の動きを20,000突破に失敗と解釈するなら、ダウ平均は急落となる可能性があります。


上は、ダウ平均に短期トレンドの指標となる8日指数平滑移動平均線を入れたものです。約2ヶ月にわたり、この移動平均線がサポートになっていましたが、今日とうとうブレイクダウンが起きています。短期トレンドの弱さが見え始めてきた訳ですから、明日も売り物に注意です。

コメント