この時期になると思い出す米株の投資方法

さすがにクリスマスの週末、金曜の株式市場は静かです。トレーダーたちは、両親の待つ故郷へ帰省するため、大混雑の空港でウンザリしていることでしょう。


来週も株の取引はありますが、今週末から多くの人たちが休暇を取りますから、今日で今年のニューヨークの株式市場は実質的に終了です。

今年のダウ平均は約14%の上昇となりました。ダウ30銘柄で今年最も伸びたのはプラス38%のキャタピラー、そして最も冴えなかったのはマイナス17%のナイキです。


ナイキのキャッチフレーズはJust Do It、今年は下げに徹したようです。

この時期になると思い出す投資方法は「Dogs of the Dow (ダウの犬たち)」です。
・ 今年のマーケットが終了した時点で、ダウ30銘柄の中から配当利回りが一番高い10銘柄を選ぶ。 
・ 新年のマーケット開始初日、それらの10銘柄を買う。(資金を10等分する) 
・ 12月のマーケット最終日に、それらの10銘柄を売却する。
極めて単純な方法です。途中で損切ることはありません。とにかく年末まで10匹の犬たちを保有し続けます。こんなやり方で利益が上がるのでしょうか?2000年以来、犬たちの成績は平均で年率+7.9%、ダウ平均は+6.3%、S&P500指数は+5.8%です。


上は、ダウ30銘柄の配当利回りです。赤で囲った10銘柄が、2017年度の犬たちになります。

(情報源:Dogs of the Dow

コメント