ブラック・フライデーの翌日は何と呼ばれている?

ブラック・フライデーがやって来ます。感謝祭の翌日の金曜はブラック・フライデーと呼ばれ、クリスマスのショッピング・シーズンがいよいよ始まります。

ブラック・フライデー: 店内に駆け込む買い物客たち
以前勤めていた会社で私の隣に座っていた人ですが、彼女は毎年必ずブラック・フライデーには買い物をしていました。彼女のモットーはこれです。「Shop till you drop.(倒れるまで買い物)」

大幅割引を実施して、商店は買い物客を集める訳ですが、店内はとにかく大混雑となるので、私はブラック・フライデーに買い物をしたことは一度もありません。

限られた商品を求めて、奪い合いの喧嘩が起きることも珍しくありません。




ブラック・フライデーに関するジョークを集めてみました。
・ブラック・フライデーとは?金も無いのに、必要の無い品物をわざわざ買いに行く日のことだ。
・ブラック・フライデーの翌日は何と呼ばれているだろうか?破産の土曜だ。
・ブラック・フライデーに、アップルストアでオナラをしたら買い物客たちが不機嫌になった。私が悪いのではない。問題は、店内にはウィンドウズが無いことだ。
・酒店はなぜブラック・フライデーに大幅割引を実施しないのだ?不公平だ!
・我々は大いに怒るべきだ。ブラック・フライデーには、商品がこんなに割引されている。要するに、それ以外の日は、小売店は法外な値段で商品を販売しているのだ。
・人々がブラック・フライデーの金曜に食べる物は何だろうか?感謝祭の食卓で、誰も手を出さなかった残り物だ。
・もしブラック・フライデーでビールが安売りされるなら、私は凍えるような寒さに耐えて、店の前に前夜からキャンプすることだろう。
・ある男が、妻と一緒にブラック・フライデーの金曜に買い物へ出かけた。店内は大混雑、男は妻を見失ってしまった。そこで男は、とても魅力的な女性に歩み寄り、こう言った。「この店内に妻がいることは確かですが、どこにいるかが分かりません。数分お話していいですか?」 この質問を不審に思った女性は、「なぜですか?」と男性に問い返した。「私が魅力的な女性に話し始めると、妻はいつも必ず私の前に現れるのです。」

(参照したサイト:Black Friday Jokes

コメント