トレードで成功するまでの道程

スティーブ・バーンズ氏の記事を紹介します。内容は、トレーダーとして成功するために通らなければならない様々な過程です。

・トレードに関する本を読む、セミナーに出席する、といった事を通してトレードの勉強をする。

・勉強で得た知識を基にしてトレードを始める。

・少しの利益を上げることに成功するが、損を重ねて利益は直ぐに吹き飛んでしまう。更なる勉強、そしてもっと良い手法の必要を痛感する。


・更なるトレード知識の収集を開始する。

・今度こそ上手くいくことを信じて、新しく習った方法でトレードを始める。

・しかし、トレードは思ったように進まず自信を失う。

・成功しているトレーダーたちに話を直接聞いてみる。

・トレードに戻る。しかし、相変わらず利益は上がらない。

・今までのトレード方法とは全く違った方法を試してみる。

・トレードが少し好転し、自信を取り戻し始める。

・自信過剰になり、大きな株数でトレードして多額な損を出す。

・トレードは簡単でないことを痛感し、ほとんどの人は、ここでトレードを断念する。

・本物のトレード知識、手法を求めて勉強を再開する。

・習得した納得できる方法に従ってトレードを始め、それなりの利益が上がるようになった。しかし、何かが欠けていると感じる。

・トレード手法を学ぶだけでは不十分なことに気が付き、トレード手法には、自分で作り上げたルールも付け加える必要があることにも気がつく。

・トレードを一時休憩し、習得したトレード方法を自分独自のものにするために、色々と研究する。

・自分なりに改良した方法でトレードを開始する。以前よりも良い利益を上げることができるようになった。しかし、100%自信を持ってトレードを執行することが相変わらずできない。

・トレード方法を再分析し改良する。

・成功できそうな兆しが見える。

・トレードでの成功は、自分独自の方法に従った規律のあるトレードが重要であることを理解する。

・規律のあるトレードを続ける。

・ルールを時々破ってしまう。

・トレードルールの再点検。

・自分のルールに自信を持ち始める。

・心理的な要素が、トレードルールを守れない大きな原因になっていることを本当に理解する。

・トレードを続け、自分なりのやり方が確立する。

・利益がコンスタントに上がるようになる。

・自信過剰になる度に、謙虚さの重要性をマーケットから教えられる。

・トレードで成功するためには、リスク管理とポジション管理が極めて重要であることが分かる。

・確立した自分の方法でトレードを続け、口座残高は着実に増える。しかし、トレードは退屈な作業になる。

・トレードで得た利益を使って、今までやってみたかった他の事にも挑戦する。

以上がバーンズ氏の意見です。もちろん、100%賛成する必要はありませんが、自分なりの方法が確立するまでには、かなりの時間がかかります。つまらない言葉かもしれませんが、成功するまでやめない、という姿勢が最も重要だと思います。

(情報源: バーンズ氏のブログ

コメント