ドイツ銀行株をもしトレードするなら、、、

昨日のブログでも記したように、金曜の取引で、ドイツ銀行の株価が14.02%の大幅上昇となりました。大きく買われる主要因となったのは、140億ドルという米司法省から要求されていた和解金は最終的に54億ドルに減額される、というAFPからのツイートです。


問題は、このツイートを額面通りに受け取ることができない、ということです。ゼロヘッジは、こんなことを指摘しています。
・ 54億ドルに和解金が減らされる、とAFPは言うが、AFPの情報源はツイッターであり情報に信憑性が無い。
・ 和解金減額の可能性について、米司法省とドイツ銀行は今のところ何も語っていない。
そして今朝(土曜)、ブルームバーグには、こんな記事があります。


前、そして現ドイツ銀行のマネージャーと他社が共犯して、イタリアで市場操作と偽取引をしていたという内容です。(共犯として、野村ホールディングスも含まれています。) ミラノの裁判所は検察官からの訴えを認め、12月15日から裁判が始まります。米司法省との問題を抱える今日、またしてもこんな悪いニュースが出たのですから、ドイツ銀行は正に泣きっ面に蜂、といった状態です。

「誰が何と言おうが、ドイツ銀行は大きすぎて破綻させる訳にはいかない、政府に必ず救済される」、というのが大方の意見です。ということで、和解金減額が報道された金曜には、大きな買いが集まりました。下がドイツ銀行の日足チャートです。


入れた指標は、パラメーターを3、10、16に設定したMACDです。AがMACDライン、Bがシグナルライン、そして点線はゼロに引かれています。

現在のシグナルラインはゼロライン(点線)より下です。これは、ドイツ銀行株が空売り基調であることが示されています。左側の円で囲った部分を見てください。シグナルラインはゼロラインより下ですが、MACDラインが一時的にゼロラインを上回っています。これが空売りのタイミングです。

現時点では、MACDラインはゼロラインより下ですから、空売りのタイミングはまだ来ていません。はたして、円で囲ったようなパターンが出来るかに注目です。

(情報源:Stocks Soar After French Press "Confirm" Deutsche Bank Near Settlement With DOJ

Ex-Deutsche Bank Executives Among 13 Charged in Paschi Probe

Deutsche Bank Charged By Italy For Market Manipulation, Creating False Accounts

AFPのツイート

コメント