天然ガスと9月

9月は天然ガスが注目されます。下のチャートには、過去20年間の天然ガスの季節性が示されています。

チャート: EquityClock.com
見てのとおり、天然ガスは9月の初週に底を打ち、年末に向けて強いラリーを展開する傾向があります。特に、9月の上昇率は平均で12.3%という好成績ですから、今年も強い9月を期待するトレーダーが多数いることでしょう。

商品市場用の口座が無くても、株の口座があれば天然ガスのETFを売買することができます。下は天然ガスのETF、United States Natural Gas Fund(UNG)の日足チャートです。


赤い矢印(1)で分かるように、ETF価格は6月から横ばいが続いています。こんな状態ですから、7ドル50セント付近(2)までの下げを予測している人たちが多いことでしょう。買いのタイミングを把握するには、ストキャスティクス(3)が役立ちます。現在の数値は48.63ですから、まだ20以下の売られすぎレベルに達していません。先ず、ストキャスティクスが20を割ること。そして動きが一転して、20を再度上回ったところで買います。(円内を参照してください。)

言うまでもありませんが、季節性は毎年必ず起きる訳ではありませんから、思惑が外れた場合は直ぐに損切る必要があります。過去20年間を振り返った場合、天然ガスが9月に上昇したのは20回中の14回、70%です。最も大きく上昇したのは2009年の9月、なんと57.7%という大幅上昇でした。その反対に冴えなかったは、マイナス9.7%となった2011年の9月です。

コメント