2016年9月15日木曜日

嫌われている株を買いますか?

顧客からの許可無しで、200万に及ぶ預金とクレジットカード口座を勝手に開設していたウェルズ・ファーゴ銀行について火曜のブログで書きました。今日は、ウェルズ・ファーゴの日足チャートを見てみたいと思います。


木曜の取引をあと1時間50分ほど残し、現在の株価は46ドル1セントです。ニュースを読んだら、こんなヒドイ銀行の株を買う気など全く起きませんが、現在の株価は興味深い位置にあります。


入れた2本の線で分かるように、今年の株価の下限は約45ドル、そして上限は約51ドルです。現在の株価は下限に近い訳ですから、このへんで買って、上限付近で売るという方法があります。繰り返しになりますが、ニュースを読んだら、こんな株は買えません。しかし、ひどいニュースにもかかわらず株価は下限を割ることなく、今日のローソク足には買いを示す長い下ヒゲが出来ています。


ストキャスティクスを入れてみました。円で囲った部分を見てください。現在の数値は20未満、8.59という株の売られすぎを示す数値です。

ニュースはどうであれ、株価はサポートラインである下限付近にあること、それに売られすぎなストキャスティクスを考えると買ってみたくなった、という人たちがいることでしょう。現在の株価で買った場合、目標は上限の51ドルですから、利益は5ドルです。間違った場合の損切りは下限割れで行いますから、損額は1ドルです。言い換えると、リスクは1ドル、リワードは5ドルですから悪い投資ではありません。

0 件のコメント: