信用度が100%落ちたウェルズ・ファーゴ銀行

世の中、腹の立つことが色々あります。最近、特に腹立たしかったのは、このニュースです。
米銀ウェルズ・ファーゴの従業員が販売目標を達成するため、顧客の許可なく預金とクレジットカードの口座を開設したとして米当局が調査していた問題で、同行は1億8500万ドル(約190億円)を支払って決着させることに同意した。米消費者金融保護局(CFPB)の8日の発表によると、ウェルズ・ファーゴは消費者が知らなかった可能性のある口座を200万余り開設した。同行はCFPBに過去最高の1億ドルの制裁金、通貨監督庁(OCC)に3500万ドル、ロサンゼルス市当局に5000万ドルをそれぞれ支払うことに同意した。また、ウェルズは手数料を負担した顧客に補償を行う。 同行は不適切な販売慣行をめぐり5300人を解雇した。--- ブルームバーグ(9月9日)

言うまでもなく、ウェルズ・ファーゴが行ったことは、銀行として絶対にやってはいけないことです。客からの許可無しで口座を勝手に開設したというのですから、これでウェルズ・ファーゴ銀行の信用は100%減となりました。

1億8500万ドルの罰金ということですが、これは人をバカにした金額です。最近1年間で、ウェルズ・ファーゴが上げた総収益は842億ドルですから、1億8500万ドルの支払いなど痛くも痒くもありません。

5300人を解雇した、というのも完璧な処置ではありません。首になるのは当たり前ですが、行員は犯罪を犯したのです。犯罪者の行くべき場所は刑務所であり、今のところ、監獄行きとなった行員の話は全く聞いていません。

サイモン・ブラック氏は、昨日のブログで、こんなことを指摘しています。
例えば、ウェルズ・ファーゴの決算報告を見てみると、商業用、工業用ローンとして3000億ドルが記されている。言い換えると、詳細は全く無く、単に3000億ドルという数字だけが記されている。(この事は、他の大手銀行にもあてはまる。)
ローンとして貸した金は、どこから来たのだろうか?借り手は、どんな人(会社)なのだろうか?極端な言い方をすれば、ウェルズ・ファーゴは顧客の預金口座から金を取って、破産しそうな会社に金を貸したかもしれない。もちろん、頭金無しで、信用度の低い人たちに金を貸した可能性もある。とにかく、具体的な説明が全く無いから銀行は透明性を欠く。
今回のウェルズ・ファーゴの事件で、人々は銀行の監視強化を叫ぶことになるでしょう。ブラック氏は、「銀行業務はブラック・ボックスのようなものだ」、と表現しています。外からは中が全く見えませんから、私たちには、銀行が何をやっているかが分かりません。更にブラック氏は、この銀行の不透明性が2008年の金融危機を引き起こす大きな要因の一つとなった、と結論しています。

ご存知のように、銀行は信用度の低い人たちに住宅ローンを連発しました。とにかく、心臓が鼓動していれば誰でも金を借りることができる、といった状態でしたから、完全なイージー・マネーです。更に、銀行は証券会社と格付会社と組んで、信用度の低い人たちへの住宅ローンにAAAの最高格付を与え、優良投資として投資家たちに販売したのでした。正に、極めてひどい状態でしたから、2008年の金融危機では、多くの企業が倒産し、本格的な量的緩和策の開始となりました。

今回のウェルズ・ファーゴの一件が、金融危機を引き起こすことはありません。しかし、ウェルズがこんな事をしているのなら、他の銀行も同様なことを行っているかもしれない、という疑惑を米国消費者の頭に植え付けました。繰り返しになりますが、銀行が落ちた信用を回復させるためには、ブラック・ボックスを廃止して、業務内容を消費者に明確に示す必要があります。

話は少しそれますが、膨大な金額のデリバティブを抱える、ドイツ銀行破綻の可能性が人々の間で語られています。膨大な金額のデリバティブ、ということは分かっていても、銀行側からは詳細が公表されていませんから、現時点において、ドイツ銀行がどのようなデリバティブを実際に保有しているかは不明です。要するに、ドイツ銀行業務もブラック・ボックスですから、手遅れになるまで詳細は発表されることは無いでしょう。

(情報源:ウェルズ・ファーゴに190億円の制裁金-顧客に無断で口座開設と米当局

Wells Fargo scandal is just the beginning… here’s what else they’re hiding–

コメント