マーケットのプロと評論家

株や為替をトレードしている人たちの目標は、言うまでもなく利益を上げることです。言い換えると、トレーダーの目標はマーケットの知識を頭に詰め込んで評論家になることではなく、実際に儲けることのできるプロになることです。



さて、「プロとテレビによく出てくる評論家の違いは何ですか」、と問われたら、皆さんはどう答えますか?昨日のブログで、チャーリー・ビレロ氏(ペンション・パートナーズ)はいくつかの例を挙げています。
・ 評論家は、皆に受けそうな予想をするために時間を費やす。プロは現状を適切に、そして客観的に把握するためにマーケットを分析する。
・ 評論家は自己宣伝に忙しい。プロは自己改善に努める。
・ 評論家は誇大な自信や誇りを表明する。プロは謙虚だ。
・ 評論家は次の暴落、そして次の一大ブルマーケットの予想ばかりしている。プロは、次の大きな間違いを犯さないことに注意を払う。
・ 評論家は、自分の主張を支持する意見や情報だけに興味がある。プロは、自分の見解とは違う意見にも耳を傾ける。
・ 評論家のしていることは、投資家たちの欲と恐怖を煽ることだ。プロは感情をコントロールする。
・ 評論家は、自分が称賛されることが当たり前だと思っている。プロは感謝を忘れない。
・ 評論家は極端な意見を発表して、皆から注目されることを好む。プロは様々な方向からマーケットを分析して、皆から尊敬される。
・ 評論家は、マーケットで起きることを白と黒の二つに分ける。プロは、物事には灰色の部分があることを知っている。
・ 評論家は、簡単なことを難しく説明する。プロは難しいことをやさしく説明する。
・ 評論家は、どんな質問にも回答することができる。プロは、「私には分かりません」、と時々回答する。
・ 評論家は説教をする。プロは人の話を聞く。
・評論家は予言をする。プロは計画をたてる。

(参照した記事: Pundit or Professional?

コメント